自転車乗るならヘルメットもおしゃれに!おすすめヘルメットのご紹介

自転車乗るならヘルメットもおしゃれに!おすすめヘルメットのご紹介


道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられていますので、歩道と車道の区別のあるところは、原則として、車道の左側に寄って通行しなければなりません。引用元: http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/bicycle_quiz.html

ヘルメット選びのおすすめポイント

自転車を街乗りで利用するのか、レースなどに参加するかによっても選び方は変わってきますが、ヘルメット選びで押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。重要なポイントとしては、自分にフィットするか試着してみることです。合わないヘルメットでは意味がないですし、重量や通気性、着用して疲れないかどうかは、実際に試してみないと分からないですよね。通信販売で購入する時は、慎重に商品サイズを確認しましょう。

ヘルメットのサイズはどう選んだらいいの?

"Mommy...return it to the store...I don't like #minions..." せっかくQちゃん気にいると思って買ってきたのに… #qちゃん #ミニオン #自転車ヘルメット

Michelle B.さん(@gracelynsmama)が投稿した写真 -

自分にぴったりのヘルメットを選ぶために、サイズ選びはとても大切です。まずは、自分の頭周りを測ってみましょう。一般的なサイズとしては、Sサイズが55から56cm、Mサイズが57から58cm、Lサイズが59から60cmとなっています。サイズ以外にも気にすべき点として、頭の形が挙げられます。丸い頭の形の人もいれば、楕円形の人もいます。サイズだけでなく、頭の形によってもフィットするヘルメットが変わります。

安全性の高いヘルメットがおすすめ!

ヘルメットには、JCF(日本自転車競技連盟)公認マーク、JCF推奨マーク、SG、CE、CPSCなど、さまざまなマークがあります。自転車競技やレースには、JCF公認ヘルメットでないと参加できません。JCF公認マークは、JCFの基準に適合して、SGかCEまたはCPSCの表示を持つ、一定の品質を保つ製品に付けられます。レースに参加できるか出来ないかの違いはありますが、どの表示も品質に優劣はありません。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年8月28日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz