自転車乗るならヘルメットもおしゃれに!おすすめヘルメットのご紹介

自転車乗るならヘルメットもおしゃれに!おすすめヘルメットのご紹介


ロードバイククロスバイクなどのスポーツ向け自転車が普及してきて、子供からシニアまでさまざまな人たちが自転車に乗っています。特に女性ユーザーの方は、「ヘルメットをかぶった方が良いのは分かるけど、何だか恰好悪い…」「せっかくの髪型が崩れてしまう」など、ヘルメット着用に対して躊躇してしまう事がありますよね。最近では安全で、なおかつおしゃれなヘルメットがたくさんありますので、ご紹介したいと思います。

 

自転車のヘルメットと法律

自転車に乗る時、法律的にはヘルメット着用の義務はありません。しかし、自転車による事故怪我、死亡に占める頭部損傷の割合は、全体の6割です。頭部のダメージは、それだけ重大な事態に繋がります。子供には、ヘルメット着用の努力義務があります。大人については義務化はされていませんが、スピードの出る自転車やレースに参加する時などは、必ずヘルメットを着用して自分の身を守るようにしましょう。

 

平成20年6月1日の道路交通法改正により、幼児および児童(13歳未満)に対するヘルメットの着用努力義務が施行されました(道路交通法 第63条の10)。

これにより、保護者の方がお子様を自転車に同乗させる、もしくは、お子様自身が自転車を運転する際、ヘルメットを着用するように努めなければなりません。
引用元: https://www.ogkkabuto.co.jp/childmet/gimu/gimu.html
自転車に乗る時にヘルメットをかぶるのは、転倒や事故による頭部へのダメージを軽減するだけではありません。頭部が地面に衝突した時の摩擦の軽減、夏季は熱中症の予防など、ヘルメットは、さまざまな面から頭部を守ってくれます。また、道路交通法改正により、自転車は原則車道を走ります。ヘルメットは自動車ドライバーに自転車の存在をアピールして、事故防止へ繋げる効果もあるため、夜間でも目立つような工夫が求められます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年8月28日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz