骨伝導ワイヤレスヘッドホン「CODEO」、企画担当者の思い

骨伝導ワイヤレスヘッドホン「CODEO」、企画担当者の思い


ただ、その大きい音に設定にする時は周囲もそこそこうるさい時(大通りで交通量の多い時間帯など)であり、そのうるさい音や、クラクション、救急車のサイレンは聞こえます。そして、そのまま裏通りの静かな環境に入って行き、設定をそのままにしていると、逆に音楽等が大きすぎに感じ不快なので、自然とボリュームを下げています。そうすると、車がクラクションをならさずに近づいて来る音や、人の声も聞こえます。

とはいっても、使い方、感じ方には個人差があると思いますので、音量設定には十分配慮をお願いしたいと思います。それと、会話に夢中になりすぎないようにご注意いただきたいです。これは、車に乗っていても、もしかしたら歩きながら携帯電話で話していても同じことだとは思いますが、注意散漫になれば事故のリスクが発生します。耳を塞いでいる、塞いでいないの問題ではありません。骨伝導ワイヤレスヘッドホンをする、しない、ではなく、自転車に乗る者の責任として、私自身も慎重な運転を心がけたいと思っています。

走行時の聞こえ方ですが、CODEOはスピードがそこそこ出ると風切音が入ります。(風が強い日も同様)その音は機器にも多少入ります。また空けている耳の鼓膜の方が集音機能が高いため、その音が聴覚神経により多く伝われば、骨伝導で伝わる音がやや聞き取りづらくなる状況は発生します。しっかり話したい時は、ちょっとスピードを緩めて使って頂いたほうがいいかもしれません。

CODEO(コデオ)を使ってうれしかったこと

Futako tamagawa
さて、私自身CODEOを使ってうれしかったことがあります。それは「企画担当者の特権で新商品をいち早く試せるよ」という言葉で誘い、家族と一緒にサイクリングできたことです。初めは渋々でしたが、「聞こえる?」、「聞こえてます!」という会話から始まり、なんだかんだ一緒に楽しくサイクリングができました。今後、サイクリングに誘いやすくなったかな、と個人的には思っていますが。(どうでしょう…)ロードバイクや、クロスバイク乗りの方はもちろん、ママチャリ派の家族や、友人、カップルの皆さんが、「楽しいから、今日も自転車に乗ろうよ!」と、自然に街に繰り出す光景がもっと見られたらいいなと私は思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

CODEOはBluetoothでスマートフォンと接続し、電話での会話や音楽を楽しむことが可能です!また、発売日にはCODEOを題材にしたShort FilmをLife-Bより公開予定です。楽しみにお待ちください!