ロードバイク軽量化はどこまで可能か。軽いことのアドバンテージは?

ロードバイク軽量化はどこまで可能か。軽いことのアドバンテージは?


スポーツバイクの世界では、毎年新しいモデルが発表されるたびに、その多くが「軽量」であることをアピールしています。総重量だけでは比べられない、パーツの重量バランスもありますよね。ロードバイクを軽量化することで、どのようなメリットがあるのか調べてみましょう。

パーツを軽くすると走行性能にどう影響する?

軽量のロードバイクに乗ると、軽く感じるのはもちろんのこと、走りだしは加速しやすく、走行中もグングンと快適に進むようです。上はニールプライドのNAZARE、カーボンの製法を改良してカーボン層を削減しさらなる軽量化を達成しました。軽量バイクは特にヒルクライムで、剛性の高いフレームがその威力を発揮します。いつもは登りがきついと感じている人も、登るのが楽しいと思うほどの軽快さが、軽量バイクのメリットです。

最軽量完成車ロードバイクの重さはどれぐらい?

ロードバイクのパーツで、一番重そうなのはどこでしょうか?メーカーのサイトでよく軽量をアピールしているフレームやフォーク、大きさならホイールやタイヤ、小さくてもハンドルバーやサドルも重そうですよね。完成車最軽量とされているのは、TRECのEmonda SLR 10 RACE SHOP LIMITED(プロジェクトワン限定モデル)の5.6kgですが、海外サイトで$10,999.99で販売されています。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月23日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz