クロスバイクにはバーテープがおすすめ?簡単カスタムで一手間加えよう

クロスバイクにはバーテープがおすすめ?簡単カスタムで一手間加えよう


クロスバイクに乗り慣れてくると、愛車にひと手間加えたくなってきませんか?とはいえ、自転車をカスタムなんて難しい事、自分にできるかどうか不安…という初心者の方におすすめなのが、バーテープです。今回は、主にロードバイクに使われているバーテープにスポットを当てて、クロスバイクにおすすめできる理由や、巻き方などについてご紹介していきたいと思います。

クロスバイクにバーテープがおすすめの理由

@tatamisukiが投稿した写真 -

クロスバイクのフラットバーには、グリップを取り付けるのが基本的かと思われます。しかしグリップだと、どうしても太く大きめになってしまうので、外観を損ないがちになってしまうという声も上がっています。通勤や通学、街乗りなどで利用するには十分と言えますが、中にはもう少しロードバイク寄りのスポーティーな見た目にしたい、という方もいらっしゃると思います。そんな方におすすめしたいのが、バーテープなんです。

簡単にカスタムできてスポーティーな外観に

yakisoban 8989さん(@yakisoban_8989)が投稿した写真 -

通常ロードバイクに使われているドロップハンドルに巻くバーテープですが、ドロップハンドルと比べて直線になっているフラットバーの方が、はるかに巻くのが簡単だという点が最大のメリットと言えるでしょう。またロードのイメージが強く出ているお陰か、グリップを取り付けた時と比べると、クロスバイクが一段とスポーティーな外観になるようです。薄めのバーテープを利用すれば野暮ったさも消えて、よりスマートになりますよ。

豊富なデザインと種類

グリップと比べてデザインが豊富に取り揃えられているバーテープは、カラーリングも赤や青などいろいろなものがあるので、愛車を自分好みにコーディネートする楽しみ方もできます。もちろんデザインだけではなく、材質や質感の種類も魅力のひとつ。ジェル入りのものやコルク、皮など、自転車をどんな風にカスタムするか、選びながら想像するだけでもわくわくしてきますね。

安価で購入できる

フラットハンドルに巻く事を考えると、安価で購入できるという点もおすすめできる理由のひとつ。通常バーテープは、2本セットで販売されているものがほとんどです。これはドロップハンドルに巻く際に、左右1本ずつのテープを利用するからです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月4日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz