クロスバイクのバーエンドバー取り付け方の一案!内側でドロップ効果

クロスバイクのバーエンドバー取り付け方の一案!内側でドロップ効果


クロスバイクに乗り慣れてきたら、カスタマイズがしたくなってきますね。まずは、簡単で、カスタマイズの効果が感じられるバーエンドバーを付けることから始めてみませんか?ここでは、バーエンドバーの取り付け方、付ける場所、ドロップハンドルのような効果をお伝えします。

バーエンドバーの効果

バーエンドバーとは

バーエンドバーとは、写真のようにクロスバイクのハンドルバーの縁に付ける追加のバーのことです。簡単に付けられるので、カスタマイズの第一歩にされる方も多いです。バーエンドバーを付けると、クロスバイクのフラットバーの持ち方と、ロードバイクのドロップハンドルのような持ち方ができるので、走り方に合わせて、持ち方を変えられるから便利です。

バーエンドバーの効果その1

バーエンドバーにすると、どのような効果があるのでしょうか?先ほども少し触れましたが、バーエンドバーにすると、ロードバイクのドロップハンドルを持っているような持ち方ができるので、前傾姿勢になることができます。前傾姿勢になると、空気抵抗が減るのと同時に、ペダルに効果的に力を入れることができるので、より速く走ることができます。

バーエンドバーの効果その2

バーエンドバーにすると、ロードバイクのドロップハンドルの持ち方ができるのは良いのですが、長距離を走った時、前傾姿勢ばかりだと疲れたり、筋肉痛になったりします。その時に、クロスバイクのフラットバーの持ち方に戻せば、前傾姿勢でない上体を起こした楽な状態で乗ることができるので、長距離を走り続けることができます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz