スカートで自転車に乗りたい女子必見!汚れやめくれを防ぐ方法とは?

スカートで自転車に乗りたい女子必見!汚れやめくれを防ぐ方法とは?


自転車に乗る時、できればペダルを漕ぐ動作の邪魔にならないようにパンツスタイルで乗りたいところです。しかし女性の場合、どうしてもスカートで自転車に乗らなくてはならない場面などもあると思います。そこで今回は、スカートでも乗りやすい自転車の選び方のポイントや、風でスカートがめくれないようにするアイテムなどについて、ご紹介していきたいと思います。

女性必見!自転車を選ぶ際のポイント

女性が自転車に乗る時の大きな壁…それがスカートです。学生時代の制服は、スカートの下にジャージを穿いたりなどの対策をしてきましたが、社会人になるとそうもいきませんよね。そこでここでは、スカートでも乗りやすい自転車の選び方のポイントについて、ご紹介します。ただし、どんな種類の自転車でもスカートがめくれなくなるという事はないので、サドルを高くするなどの工夫をする事が大切です。

サドルを低くしているとヒザが上に向いてスカートに風が入りやすくなるので、前傾姿勢になるようにサドルの位置を少し高めに調整しておくと風でスカートがめくれるのをある程度防ぐことができます。引用元: http://www.jitensyatsuukin.com/lady-skirt.html

低いタイプのトップチューブ

なぁさんさん(@naasan2603)が投稿した写真 -

自転車に乗る時はどうしても、足を上げる形になります。しかし、スカートが短いと足を上げた時に下着が見えてしまったり、また長くても引っかかって乗りづらいという事になってしまいます。そこで重要なのが、トップチューブになります。スカートを穿く事が多い方は、トップチューブの低い自転車がおすすめです。もちろん、ロードバイクのような本格的なスポーツ自転車は、スカートでは乗る事ができません。

お洒落なシティサイクルを探してます。出来ればこんな感じの。2人乗りとか可能の。 #シティサイクル #citycycle #KOGA

Kirito haruokaさん(@kiritoharuoka1994)が投稿した写真 -

めくれ防止で一番安心なのは、やはりシティサイクルでしょう。クロスバイクの中にもトップチューブが低く、女性のために設計されたモデルがたくさん販売されているので、どうしてもスポーツ車に乗りたいという方は、クロスバイクの中から選ぶ事をおすすめいたします。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz