ロードバイクに乗りたい!初心者にもわかりやすい乗り方の基本

ロードバイクに乗りたい!初心者にもわかりやすい乗り方の基本


自転車の中で、一番乗るのが難しそうに感じるのが、ロードバイクです。ピタピタのジャージを着て、ヘルメットをかぶって風のように走るイメージが強いですね。今回は、ロードバイクをはじめたい方、興味のある方向けに、基本をまとめました。ロードバイクが身近になるといいですね。

そもそもロードバイクって何?

ロードバイクは、別名ロードレーサーとも呼ばれています。一般的には舗装道路で、中・長距離を走るために設計された自転車のことです。自転車競技を最優先に考えられているため、タイヤが細くハンドルの形が独特で、泥除けやスタンドなどレースに不要なものは付いていません。それでも、自転車は自転車なので、ママチャリが乗れるなら、ロードバイクにも乗れます。

ママチャリとは乗るポジションが違う

最近では、通勤通学や街乗り・自転車旅行にも使われ、クロスバイクと共に、競技以外で乗ることも一般的になってきました。ママチャリとロードバイクでは、構成はほぼ同じですが、あきらかに違うのが乗る姿勢です。ママチャリは上半身を直立に近いポジションで乗るのに対し、ロードバイクは上半身を前傾姿勢にしたポジションで運転します。こうすることで、サドルとハンドルに体重を分散し、長距離長時間の疲労を軽減し、風の抵抗も減らせます。

ロードバイクの乗り方

ロードバイクのサドルはとても高い位置にあるので、乗り方にコツがあります。まず、自転車の左側に立ち、ハンドルを握りブレーキをかけます。そして右足でフレームをまたぎ、両足を地面につきます。まだ、この時は座りません。右ペダルを前に出し、フレームをまたいだまま、右足をペダルにセットします。ブレーキをはずし、右足に体重をかけ、左足もペダルにセットしてからサドルに座ると進みます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年9月25日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz