雨の日のクロスバイクは問題が山積み?快適に走行するための対策とは

雨の日のクロスバイクは問題が山積み?快適に走行するための対策とは


の日のクロスバイクは、極力避けたいものですが、どうしても乗らなくてはいけない時もあると思います。もしくは、長距離走行中に突然雨に降られたという場合も考えられます。そんな方に今回は、雨が降った時のために行える、事前対策などについてご紹介していきたいと思います。気持ちが沈んでしまいがちな雨の日を、少しでも楽しくできるように工夫していきましょう。

走行前に準備するべき雨対策

・レインウェア
・シューズカバー
・フェイスシールド

突然の雨にも対応できる上記の物は、最低限揃えておきたいアイテムです。特にレインウェアは、全身びしょ濡れになるのを防ぐ、雨の日対策の基本と言えるでしょう。熱がこもる事でムレてくると、気持ち悪くなってくるので、耐久性・通気性に優れたレインウェアを選ぶようにしましょう。

また、靴は長靴を履いてもいいのですが、普通のシューズを雨から守りたいのなら、シューズカバーが最適です。おすすめは、BBBというブランドが制作、販売しているもの。基本的に、5000円以上と高価なものが多い中、こちらのブランドの製品はお手頃価格な上、耐久性に優れているものを取り揃えています。

雨の日通勤に最適なスニーカー

オフィスワークなどをしているサラリーマンで、自転車通勤をしている方の中には、革靴を履いてクロスバイクに乗っている方もいると思います。しかし、靴底が平らになっている革靴は雨で滑る危険性もあり、おすすめできません。とはいえ、スーツにスニーカーを合わせるのは、ファッション的に難しくも感じます。そんな方におすすめしたいのが、メレルのジャングルグローブというシューズです。

一見、シューズに見えないデザインをしているのでスーツと合わせやすく、高い評価を得ています。ヒブラムソールという滑り止め効果の高い技術を用いた事により、雨が降った後のコンディションの悪い道で、急に自転車を停止させたい時でも、安心して足を使う事ができますよ。

もちろんシューズカバーという手もありますが、新しい靴の購入を考えているのなら、このシューズを選択肢のひとつとして、加えてみてはいかがでしょう?

サビの原因?雨ざらしを避ける方法

自転車の保管方法、どうなさっていますか?マンションにお住まいの方などは、専用の駐輪場などがあるかもしれませんが、一軒家では基本的に、自宅庭などに置いておく方が多いと思います。とはいえ、屋根がない場所だと、雨が降った時の対応に困りますよね。時間が経つとサビの原因にもなって、自転車に不具合が出てくる事も考えられます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年9月20日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません