バーエンドバーではじめてのカスタマイズ!簡単にできる取り付け方法

バーエンドバーではじめてのカスタマイズ!簡単にできる取り付け方法


長く愛用してきたクロスバイクをカスタムして、変化を楽しみたいと思った事はないでしょうか?そんな時に、はじめてでも出来るおすすめのカスタムが、バーエンドバーの取り付けです。バーエンドバーを取り付ける事によって、楽な姿勢で乗る事ができるなどのメリットがあります。では、一体どのような作業を行っていけばいいのでしょうか?

誰でもできる?簡単な取り付け方法

自転車のカスタムは、一見複雑そうにも見えますが、バーエンドバーの取り付けは、慣れてくると30分ほどで簡単に行う事ができます。まずは、作業に必要な六角レンチを用意しておきましょう。

作業の流れ
1.グリップ・ブレーキ・シフターなどを中央にずらす。
2.空いたスペースに、バーエンドバーをはめる。
3.六角レンチで、締める。
4.キャップをはめ込む。

グリップの素材によっては、中央に動かすのが難しい場合もあります。その場合は、水で薄めた食器用洗剤などをすき間に流し込み、ねじりながら押す事で動かす事ができます。また、キャップがないまま走行していると、万が一転倒した際に、バーの端で怪我をする恐れがあります。キャップの取り付けは、忘れずに行うようにしましょう。

グリップの劣化が激しい時は…

グリップが比較的きれいな状態でバーエンドを取り付ける時は、上記のやり方になりますが、中には劣化が激しく一緒にグリップの交換をする方もいると思います。そんな時は、六角レンチを使って外すよりも、カッターで切って外してしまった方が、効率よく作業を行う事ができます。また再利用の場合、中央に寄せる以外にも、グリップの端をバーエンド装着分だけ切って短くする、というやり方もあります。

おすすめのバーエンドバーとは?

FOGLIAバーエンドバーブラック

サイズ:全長85mm
重量:約116g
カラー:ブラック

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年9月14日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz