lookのロードバイクはすごい?一回は乗ってみたい魅力の秘密とは

lookのロードバイクはすごい?一回は乗ってみたい魅力の秘密とは


ロードバイクを扱っている企業の中で、誰もが一度は乗ってみたいと憧れる、lookというメーカーがあります。非常に高価で敷居の高いイメージがありますが、一体なぜそこまでの人気があるのでしょうか?今回は、lookのロードバイクにスポットを当てて、その魅力や評判、販売されているモデルなどについてご紹介していきたいと思います。

lookの歴史や特徴について

lookはフランスで生まれた会社で、1984年にはじめてのオートマチックペダル「PP65」の開発に成功しました。その結果、ツール・ド・フランスの優勝にも貢献。独自の技術で、品質や安全性にこだわった製品を、生み出してきました。今や、各企業に広がりを見せているカーボン製のフレームも、lookでは30年に渡る研究を続け、他社の追随を許さないほどの技術を習得してきました。

どこよりも高品質で耐久性が高く「いつかは乗ってみたい」という声の中に、必ずlookの名前が上がるのは、このブランドが惹きつける魅力あってこそと言えるでしょう。こうしたロードバイクの製造裏には、トップに立つライダー達の厳しい要求の声を聞き、応えていく企業の姿勢が関係しているのかもしれませんね。

LOOK(ルック)

最大の特徴はハンドル周りとステム

ハンドル周りや、ステム部分が特徴的だとされているのが、lookのロードバイクです。モデルにもよりますが、ステムにかけてのラインが美しいなどの声もあり、高い評価を得ているポイントのひとつとなっているようです。その存在は、プロのみならず、ロードバイクマニアの方からも注目を浴びるほどです。常に最先端の技術にこだわるlookのラインナップは、誰もが憧れる最高のロードバイクと言っても過言ではないでしょう。

おすすめのロードバイクシリーズ

最新テクノロジーが満載の765シリーズ

765シリーズは、最新テクノロジーを満載した、コンフォートエンデュランスモデルとなっています。特徴は、オーソドックスな見た目。カーボ・フラックス・テクノロジーという、飛行機や自動車産業などで使われている技術を用いる事で、剛性をそのままに衝撃吸収力も向上した、優れたロードバイクになっています。長いヘッドチューブと短いトップチューブで、最も適したポジションを確保。ロングライドでも、快適に走行する事ができます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年9月10日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz