クロスバイクのブルホーン化で、世界にひとつだけのクールな愛車に!

クロスバイクのブルホーン化で、世界にひとつだけのクールな愛車に!


ブルホーン(bull-horn)とは、英語で牛の角の意味です。スポーツ自転車のブルホーン化とは、ハンドルをブルホーンバーという牛の角のような形状のハンドルに変えることです。ブルホーン化のメリットや、ほかのパーツへの影響も調べてみましょう。

クロスバイクのブルホーン化で変化すること

クロスバイクをブルホーンハンドルに変えると、実感するのはライディングポジションの違いです。フラットバーから変えた場合は、自然な姿勢からロードバイクドロップハンドルに近い、前傾姿勢になります。クロスバイクを、ロードバイクのような深い前傾姿勢で、かっこよく乗りたい人には願ったり叶ったりです。慣れるまでは、それまで楽な姿勢でライディングしていたので、筋肉痛が出そうですね。

ブルホーンバーにはどんなものがあるの?

上は、MashとCinelliのコラボが生んだ、Mash Bullhorn Barです。エアロ形状で握りやすい翼断面が特徴で、浅いドロップ設計が、握りの位置を変えても気軽に走行できそうです。価格は17,500円(税抜)です。下はTNIのT.T BAR(タイムトライアルバー)、競技から街乗りまで使えます。ドロップさせた撫で肩設計は、深い前傾姿勢で空気抵抗を軽減させます。価格は4,600円(税抜)です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年9月14日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません