GIANT GRAVIER のタイヤ、価格、評価を2014年から振り返る!

GIANT GRAVIER のタイヤ、価格、評価を2014年から振り返る!


2014年にデビューしたGIANT(ジャイアント)クロスバイク・GRAVIER(グラビエ)。今ではすっかり定番化し、2017年モデルも出ました。2014年のデビューから2016年モデルまでを振り返りながら、タイヤ、価格、評価にも触れていき、2017年モデルも見ていきます。

2014年デビューモデル

650B(27.5インチ)のタイヤを採用

2014年当時に、マウンテンバイクでは性能の高さが認められて、650B(27.5インチ)のタイヤが定番になりつつありました。そこで、GIANTはクロスバイクではじめて、27.5インチのタイヤを採用したGRAVIERを投入しました。当時、クロスバイクの定番の28mm幅のタイヤと比べ、40mm幅もある27.5インチのタイヤは安定性があり、パンクもし難いので、人気が出ました。

マウンテンバイク並みの走りを実現

GRAVIERは乗り心地を快適にする為、トップチューブ(ハンドルからサドルに向かって上下に並んでいる棒の上の方)を楕円にしました。また、剛性を高める為、ダウンチューブ(同下方)は四角い形にしました。これに27.5インチに40mmの太目のタイヤと合わせて、クロスバイクながら、マウンテンバイク並に段差や砂利道を気にせずに走れるようになりました。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年9月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません