姿勢やポジションを理解して魅力的なクロスバイクを乗りこなそう!

姿勢やポジションを理解して魅力的なクロスバイクを乗りこなそう!


サドルの前後位置の調整方法

サドルの前後位置をポジショニングするために、実際、どこが適切なサドルの前後位置かを確認します。確認は、左右のペダルがちょうど水平になっている時に行います。左右のペダルが水平になっている状態で足を乗せ、膝の位置とペダルの中心が垂直の関係になる所が適切なポジショニングになります。一つの目安として、サドルの位置は足の長い人ほど後ろになるという傾向があります。

地味なサドルの角度も大事なポジション

サドルの角度は地味なポジションセッティングになりますが、クロスバイクのポジションに重要な要素の一つです。サドルの角度によって、腕に自分の体重がどの程度乗るかが変わってきます。つまり、サドルの角度は腕の負担に直結します。サドルの角度が不適切だと、腕が疲れやすくなったり、クロスバイクに乗っているうちに、腕が痛くなったりしてしまいます。

サドル角度の正しいポジションは?

サドルの角度は、座る位置によってセッティングをします。まず、サドルに座ってみて、自分がサドルのどの辺りに座っているのかを確認しましょう。自分の座っている位置が分かったら、その位置が、地面と水平になるようにサドルをセッティングしていきましょう。サドル自体にも、前がせり上がっているサドルや、後ろがせり上がっているサドル等、いろいろな種類があるので、自分に合ったサドルを見つけてセッティングしてみましょう。

最重要ポジション!サドルの高さ

サドルの高さは、クロスバイクのポテンシャルに直結する大事な要素です。サドルの高さによって、クロスバイクがどれだけ速く走れるか、どれだけ快適に走れるかが変わってきます。これについては痛みを抑えることよりも、いかにサドルを漕ぎやすいかにこだわると良いと言われているので、サドルの漕ぎやすさに重点を置いて、ポジションセッティングするようにしましょう。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年7月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz