メリダロードバイクSCULTURAの2017年モデルはすごいらしい!

メリダロードバイクSCULTURAの2017年モデルはすごいらしい!


メリダはOEM生産で腕を上げ、今では優れた製造技術を持つ台湾のメーカーです。台湾と言えばGIANTの知名度が高く、ほんの数年前までメリダは日本であまり知られていませんでした。世界の名だたるレースで実績をあげているメリダの、2017年モデルロードバイクをご紹介します。

メリダロードバイクとフレームセットの価格

SCULTURA(スクルトゥーラ)シリーズ

Money
2017年モデル「スクルトゥーラ9000E」は、メリダのフラッグシップオールラウンダーです。価格もメリダのロードバイクでは、1,200,000円(税抜)と最高値、さすがプロが使うモデルです。MERIDAヨーロッパR&Dの技術力を結集した、超軽量のフレームとフォークを組み合わせ、量産世界最軽量級の985gを実現しました。フレームセットのみの価格は329,000円(税抜)です。

「SCULTURA TEAM」は、TEAM LAMPRE MERIDAで使用しているものと同じ仕様です。2017年モデルからフレームを、Fulcrum Racing Quattroと選手が乗るバイクと同じスペックにしました。価格は800,000円(税抜)、フレームセットは269,000円(税抜)です。

「SCULTURA DISC TEAM」は、油圧ディスクブレーキ搭載チームモデルで、新型Dura-Aceを採用し、Fulcrumのディスクブレーキ用カーボンクリンチャーホイールと組み合わせた、最新鋭のプロディスクロードです。価格は900,000円(税抜)、フレームセットは319,000円(税抜)です。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz