メリダロードバイクSCULTURA2017年モデルはすごいらしい!

メリダロードバイクSCULTURA2017年モデルはすごいらしい!


メリダはOEM生産で腕を上げ、今では優れた製造技術を持つ、台湾のメーカーです。台湾と言えばGIANTの知名度が高く、ほんの数年前まで、メリダは日本であまり知られていませんでした。世界の名だたるレースで実績をあげているメリダの、2017年モデルロードバイクをご紹介します。

メリダロードバイクとフレームセットの価格

2017年モデル「スクルトゥーラ9000E」は、メリダのフラッグシップオールラウンダーです。価格もメリダのロードバイクでは、1,200,000円(税抜)と最高値、さすがプロが使うモデルです。MERIDAヨーロッパR&Dの技術力を結集した、超軽量のフレームとフォークを組み合わせ、量産世界最軽量級の985gを実現しました。フレームセットのみの価格は329,000円(税抜)です。

SCULTURAシリーズラインナップ

「SCULTURA TEAM」です。TEAM LAMPRE MERIDAで使用しているものと同じ仕様です。2017年モデルからフレームを、Fulcrum Racing Quattroと選手が乗るバイクと同じスペックにしました。価格は800,000円(税抜)、フレームセットは269,000円(税抜)です。

「SCULTURA DISC TEAM」です。油圧ディスクブレーキ搭載チームモデルで、新型Dura-Aceを採用し、Fulcrumのディスクブレーキ用カーボンクリンチャーホイールと組み合わせた、最新鋭のプロディスクロードです。価格は900,000円(税抜)、フレームセットは319,000円(税抜)です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年9月6日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません