クロスバイクの荷物はどうやって運ぶ?バッグ派もキャリア派も必見!

クロスバイクの荷物はどうやって運ぶ?バッグ派もキャリア派も必見!


クロスバイクに乗ると、荷物をどうやって持って行こう…と悩む人も多いと思います。自転車にキャリアを取り付けてみたり、リュックを使用してみたりといろいろあるでしょう。しかしその日その時の荷物の量や目的によっても違いますので、さまざまな方法をご紹介します。

クロスバイクには荷物乗せがない!?

クロスバイクに乗っている人はもちろんご存知だと思いますが、クロスバイクには初期装備でかごは付いていません。クロスバイクは本体を軽くしてスピードを出そうとする自転車なので、軽量化のためにも余分な装備は付いていないのです。そこで、自転車自体にキャリアを取り付けて、そこに荷物を載せるか、自分自身で持っていくかの選択となります。

バッグで持ち運ぶなら容量・目的で選ぶ

バッグで持って行こうと思った場合、リュック、メッセンジャーバッグがおすすめとなります。普通のビジネスバッグやショルダーバッグ、トートバッグなどは自転車では持ち運ぶのは大変ですし、無理をするとバランスが悪くなり、事故の原因になります。リュックの特徴は、荷物がたくさん入るものの、背中が蒸れる、その逆に、メッセンジャーバッグは荷物があまり入らないことがデメリットとなります。

自転車通勤におすすめのバッグはこちら

荷物が多い人はリュック

毎日パソコンを持ち運びしたり、書類などの荷物が多い人はリュックがおすすめです。パソコンが入るリュックもたくさんあります。また、ちょっとしたなら自転車通勤するという人も、リュックならレインカバーが付属していることが多いので便利です。ただし背中が汗びっしょりになりますので、なるべく通気性の良いリュックを選び、着替えも用意していきましょう。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年9月6日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません