自転車で重要な筋肉とは?ロードバイク乗りに最適なトレーニング方法

自転車で重要な筋肉とは?ロードバイク乗りに最適なトレーニング方法


ロードバイククロスバイクといったスポーツサイクルは、体にかかる負担が大きく、ダイエットを目的として行う方も多い自転車です。しかし、乗り方を間違えると、逆に足が太ってしまうという悪循環にも陥ります。そこで今回は、レースで速く走るために重要となってくるトレーニング方法や、自転車に乗る事で鍛えられる筋肉と注意すべき点などをご紹介したいと思います。

自転車は上半身を含めた全身運動

ペダルを漕ぐという動作がメインの自転車は、必然的に太ももなどの下半身を集中的に鍛えるイメージがあります。しかし、ここで自転車に乗っている自分の姿を思い返してみましょう。坂道などで加速しようとする時に、無意識にハンドルを引き付け、力強くペダルを踏みこむ動作をしていると思います。この時に背中や腹筋を利用し、上半身から下半身にかけての全身運動を行っているんです。

骨盤を意識しながら漕ぐ事が大切

では、スポーツ自転車を漕ぐ上で大切な事はなんでしょうか?それは、骨盤の動きです。ランニングなどでも腰回りを安定させるために骨盤が大事と言われていますが、骨盤を意識しながらペダルを漕ぐ事で、お尻や太ももなどすべての筋肉を効率的に使う事ができます。その結果、疲労を感じにくくなり、持久力が身に付くようになります。ペダリングを楽に行うためにも重要な動きとなってくるので、日常的に意識してみるといいかもしれません。

自転車漕ぎで痩せる効果のある部位とは?

ロードバイクなどのスポーツ自転車は、脂肪燃焼効果が高い有酸素運動に最適で、ダイエットに取り入れている方もたくさんいます。下半身痩せのイメージもありますが、自転車を漕ぐ事で体のどの部位に効果が表れるのでしょうか?はじめの方でも触れていますが、実は自転車は全身を使って運動をしており、お腹や足、顔痩せなど、全身どの部位にも効果があると言われています。しかし、そのためには漕ぎ方に注意をしていく必要があります。

足が太るかも?無酸素運動になる漕ぎ方

自転車は、効率的に脂肪を燃焼するために最も効果的な有酸素運動のひとつです。しかし、ただ漕ぐだけでは全く効果のない無酸素運動になってしまう事もあります。最悪の場合、逆に足に筋肉がついてしまい、太くなってしまうという悪循環に陥る事も考えられます。では、どのような乗り方が悪い例として挙げられるのでしょうか?

・つい立ち漕ぎをしてしまう。
・ギアを重めに設定している。
・上り坂でも自転車から降りず頑張ってしまう。
・よくスピードを出す。
・がむしゃらにペダルを漕ぐ事がある。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年8月24日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません