シクロクロスは街乗りにおすすめ?ロードバイクと一般的な違いを比較

シクロクロスは街乗りにおすすめ?ロードバイクと一般的な違いを比較


近年、健康を考えて通勤や通学などで、スポーツ自転車に乗る方が増えてきました。しかし、スポーツ自転車と一口に言っても、ロードバイククロスバイクなど、さまざまな種類のものがあります。そこで今回は、実は街乗りにも最適と言われている、シクロクロスというバイクにスポットを当てて、ご紹介していこうと思います。

街乗りにもぴったりなお手軽バイク

Bike City
トレーニング用として作られたと言われているシクロクロスバイクですが、実は街乗りに最適な自転車との評価が高いモデルです。その秘密は、タイヤの太さやブレーキにあります。一般的なスポーツサイクルと比べて太く頑丈なタイヤは、段差などの衝撃を和らげてくれ、乗る人に快適さを提供してくれます。また、などに強いブレーキを採用しているので、どのような環境でも安心して走行できるようになっています。

初心者の方にも最適

シティサイクルからロードバイクへ乗り換える方などの中には、少々敷居が高いと感じる方もいます。そんなはじめての方におすすめしたいのが、シクロクロスバイクです。通常のスポーツサイクルより全長が長く作られている事によって、直進する際の安定性が高く、転倒の不安を解消。また、慣れないうちは恐怖を感じやすいドロップハンドルも、直立に近い姿勢で乗る事ができるので、初心者でも安心して身を任す事ができます。

ロードバイクとの違いを徹底比較!

一見、ロードバイクと区別がつかないと言われているシクロクロスですが、実は大きな違いがいくつかあります。では、どのようにして見分ければいいのでしょうか?まず外観で分かる違いは「フレームの形」です。レースなどで担ぎ上げる事の多いシクロクロスは、持ち上げやすいようにフレームの前三角の部分が大きめに作られています。よく見比べてみると、確かにシクロクロスの方が広めになっていますね。

ディスクブレーキ装備のシクロクロス

最初の方でも少し触れていますが、一般的なロードバイクなどはキャリパーブレーキを装備しているものが多いのに対し、シクロクロスバイクはマウンテンバイクにも使われているディスクブレーキを装備しています。このディスクブレーキは通常よりもはるかに制動性に優れていて、雨や泥などでブレーキが利きづらくなるという不安もなく、安心して走行する事ができます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz