ちょっと気になるサドルカバー。お尻の痛みとさよならできるかも?!

ちょっと気になるサドルカバー。お尻の痛みとさよならできるかも?!


自転車に長時間乗っていると、どうしても出てくるお尻の痛み。これはサイクリストみなさんの共通の悩みではないでしょうか。今回は、その悩みにお答えするべく、気になっていたサドルカバーをご紹介します。理想的な座り心地のサドルカバーに出会えるといいですね。

クッション入りのサドルカバーを試してみたい!

ロングライドで気になるお尻の痛み、良品のサイクルジャージに内蔵されているパッドに助けられている方は多いと思います。でも、いつもピタピタのサイクルジャージを着てお出かけというわけにはいかないでしょう。通勤や通学で結構な距離を乗っている人は、毎日この悩みと向き合います。そこで、着るものでカバーできないなら、サドルにカバーを付けましょう。これで随分乗り心地が違ってくるはずです。

低反発・高反発クッション内蔵タイプ

枕やベッドと同様、形状記憶低反発ウレタンをクッション素材に使用したサドルカバーです。低反発ウレタンの特徴である深い沈みこみ・お尻の形にそって変化する機能、これらがやわらかな座り心地を実現します。側面には伸縮性の高い素材を使い、裏面には滑り止めがついており、フィット感が抜群です。見た目も違和感のない自然な感じで装着できます。おしゃれなロゴデザインも素敵です。ただ、水に弱いため天時の装着には気をつけましょう。

こちらは、高反発シリコンが内蔵され、見た目にもすぐわかる超肉厚で、沈み込んで衝撃から守るというよりは跳ね返す感じのタイプです。しっかりとした弾力性があり、ガタガタ道でも振動・衝撃をやわらげてくれます。裏面には滑り止めのリップルがあり、ズレを予防します。おもな適合車種はMTBロードバイククロスバイクで、横幅の広いシティサイクルにはサイズが適しない場合があります。購入時にはサイズを確認しましょう。

ジェルクッション内蔵タイプ

こちらは、ジェルとウレタンフォームの二重構造になっています。サドルが硬いと体重が挫骨に集中し、痛みの原因になりますが、このジェルがお尻にかかる負担を軽減してくれ、やわらかな乗り心地になります。グニャグニャのジェルだと片方に中身がよってしまうことがありますが、これは程よい硬さでしっかりしているので安心です。派手さもなく、通常のサドルと変わらないデザインが実用的です。

エアークッションタイプ

DR.AIRのサドルカバーはエアーパッド入りのカバーです。エアーパッドの特徴は、ウレタンなどと違い、力が均等に分散するため、お尻の痛みを効果的に軽減できます。調整機能の付いたエアーポンプを内蔵しており、クッション性を高めたいときは、「+」をプッシュし、エアーを抜きたいときには「-」をプッシュします。走行中にも操作できるのが便利ですね。これをかぶせるだけで、サドルを高機能調整式にグレードアップできます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年8月24日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません