自転車タイヤの構造をわかりやすく解説!タイヤ選びがより楽しくなる

自転車タイヤの構造をわかりやすく解説!タイヤ選びがより楽しくなる


ふと自転車に目を向けた時、一番最初に目に入るのは、自転車のどの部分ですか?ハンドルですか?それとも色や形ですか?かわいさや、かっこよさにこだわると、ついついタイヤの存在を忘れてしまいますよね。今回、名脇役ともいえる「自転車タイヤ」の構造と重要性について、わかりやすく解説します。

自転車タイヤの歴史

自転車タイヤにも歴史があるのをご存じでしょうか?初代の自転車タイヤは鉄製の車輪にゴムが張り付いているだけでした。安定性も乗り心地も良くないのですが、改良する術がなく、当時、唯一できたことは前後の車輪の大きさを変えることだけでした。そうです、時々映画やテレビで見かける前輪だけが大きいレトロな自転車のことです。その後、1888年にイギリスのダンロップ社が空気入りのタイヤを考案しました。

自転車タイヤに詳しくなろう!

タイヤの種類

「チューブラータイヤ」は、自転車チューブに専用の布を縫い付けゴムを張ったタイヤで、一番古く初期の自転車タイヤはほとんどがこの形でした。パンク修理や交換で時間をとられることと、コストがかかることから、一時期、愛用者が減りましが、最近はパンク防止剤などがでて、コストや時間を削減できるようになったので、また愛用者が増えつつあります。その他にはタイヤとチューブが別々になった「クリンチャータイヤ」などがあります。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年8月18日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません