MAVIC(マヴィック)は自転車界のパイオニア。ブランドコンセプトとは?

MAVIC(マヴィック)は自転車界のパイオニア。ブランドコンセプトとは?


MAVIC(マヴィック)は、完組ホイールのパイオニアで、「ホイールタイヤシステム」を提唱しています。また「ライダーが最後までやり遂げること」を重要だと考え、サポートしています。伝説のホイール「Ksyrium」を開発したメーカー、MAVICを探ってみましょう。

MAVIC(マヴィック)はホイールで有名

MAVICのWebサイトを覗くと、シンプルに見えますが、コンテンツの下にたくさんの情報が詰まっています。ホイールで有名なMAVICですが、自転車部品から靴、アパレルまで多方面に展開しています。MAVICのホイールは高価ですが、「MAVIC CAREプログラム」というシステムがあって、Webサイトにホイール情報を登録しておくと、2年の限定保証・1年の追加保証の長期保証を無料で受けることができます。

最近のMAVICのマーケティングです。上の商品は「MAVIC HAUTE ROUTE限定」で、2016年7月から販売されている、オートルートプロジャージとキシリウムオートルートです。HAUTE ROUTEとは、アマチュアレースの最高峰と言われ、スイス・ジュネーブをスタートし、7日間に渡ってフランス・ニースのゴールを目指す最も過酷な自転車レースです。

上は、MAVIC HAUTE ROUTE限定モデルで、いくつか販売しているホイールの一つです。キシリウムプロカーボンSLクリンチャー、価格はフロントが13万5000円、リアが14万5000円(どちらも税抜)です。フルカーボンテクノロジーを駆使して、MAVIC初のフルカーボンクリンチャーを採用しています。タイヤは自社のYKSION(イクシオン)シリーズを採用していますが、別売りもあるそうです。

HAUTE ROUTEのホームページはこちらから

キシリウムPROとキシリウムPRO SL

上の写真は、キシリウム登場前1996年に発売された「ヘリウム」です。山岳用の軽量ホイールとして人気があったそうで、重さは1550gでした。初代キシリウムは1999年に、「軽量でより硬く、これまで以上に快適で耐久性に優れ、21世紀のホイールパフォーマンスのスタンダード」として登場しました。より幅広いタイヤとリムの採用で、タイヤへのプレッシャーと、転がり抵抗を軽減させ、快適性を追求しました。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz