チューブラーとクリンチャー2つのメリット・デメリットを徹底比較!

チューブラーとクリンチャー2つのメリット・デメリットを徹底比較!


ロードバイクのタイヤには、チューブラー・クリンチャー・チューブレスの3種類があります。タイヤは自転車に乗る上で生死にも関わる重要なパーツなので、構造などについてしっかりと知っておく必要があります。そこで今回は、チューブラータイヤとクリンチャータイヤを中心に、使用した際のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

チューブラーとクリンチャーの違い

Bikes
この2つの違いはタイヤの構造にあります。チューブラーは、タイヤとチューブが一体型になっていて、専用のテープでリムを固定しているタイプのものを言います。クリンチャーは、リムの内側にある溝にタイヤを引っかけて固定し、その中にチューブを埋め込む構造になっています。現在、チューブラーは競技用で使われる事が多く、私たちが日常的に利用しているママチャリなどはクリンチャーが一般的となっています。

また、一番パンクがしづらく加工されているチューブレスタイヤというものもありますが、交換が難しく、走行性能も落ちる事から、ロングライドなどで一般的に利用するタイヤとしてはおすすめできないようです。

タイヤの選び方のポイント

自転車に乗る目的によって、選ぶタイヤも絞られてきます。チューブラータイヤの場合は、丈夫でパンクがしにくく、スピード性を重視している事から、レースやロングライドでそれなりの速度を出して走りたい方などに最適です。逆に価格を抑えてのんびりと自転車を走らせたい方や、日常的に街乗りで使用する事が多い方は、クリンチャータイヤがおすすめと言えるでしょう。

各タイプを利用する事で得られるメリット

走行性能が高いチューブラー

タイヤとチューブが一体となっているチューブラーは、全体的に重量が軽く走行性能に優れているので、レースに参加する方などに重宝されています。なによりパンクへの耐性が強いところが最大のメリットです。万が一、画鋲などの異物でタイヤに穴が開いたとしても突然つぶれるという事はなく、少しづつ空気が抜けていくスローパンクという状態になるので、クリンチャーと比べて転倒のリスクが低くなります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

2 コメント - "チューブラーとクリンチャー2つのメリット・デメリットを徹底比較!"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
Kent

なんか、あんまりよく理解できていない人が書いたみたいな文章だなぁ・・・。

アフィ粕

タイヤのことよくわかってないでしょ

wpDiscuz