プロテクター「ニーシンガード」が、あなたの大切なひざを守ります!

プロテクター「ニーシンガード」が、あなたの大切なひざを守ります!


身近な自転車は、子供から大人まで幅広く楽しめます。でも、自転車のバランスを崩し、すべり落ちてケガをしたことはありませんか?自転車は、注意しないとケガをしやすい乗り物でもあります。今回は、保護するための「ニーシンガード」をご紹介します。

プロテクター「ニーシンガード」は必要?

ニーシンガードとは

車は、車体によって衝撃からある程度守られますが、自転車でぶつかったりした時は、衝撃を分散するものがないので、まともに身体に衝撃を受けてしまいますね。プロテクターの「ニーシンガード」をご存知ですか?ニーシンガードとは、「ひざ」(ニー:knee)と「向こうずね」(シン:shin)を、ケガなどから保護するプロテクターのことです。「ニーシンガード」をすることは、とても大切です。

ひざを守る

「自転車に乗るのにプロテクターなんて、ちょっと大げさだ」とか、「お金をかけてまで…」と思われますか?自転車は、身体の一部である足を使って動かす乗り物です。自転車には手軽に乗れますが、足をケガしてしまうと、たちまち乗ることが難しくなります。特にひざは衝撃を受けやすい部分ですので、しっかり守ることがとても大切です。ひざを守るプロテクター「ニーシンガード」は、ケガからの保護に効果的です。

自転車用のニーシンガード

自転車で足にケガなどをしないために、ロングパンツで保護することがあります。バイク用の「ニーシンガード」なら見たことがあるかもしれませんね。自転車にも、バイクと同じような「ニーシンガード」があります。「ニーシンガード」はさまざまなタイプがありますので、ここからはおすすめのものをご紹介します。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年8月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません