自転車用「ウィンカー」で、おしゃれに安全をつけてみませんか?

自転車用「ウィンカー」で、おしゃれに安全をつけてみませんか?


最近の自転車ブームで、自転車を日常的に楽しむユーザーが増えています。もっと自転車ライフを楽しむために、車道や夜道を走るときも、安全を確保して自転車に乗る必要がありますね。そこで今回は、車道や夜道を走るときに必要な、おしゃれな「自転車用ウィンカー」を、ご紹介します。

ウィンカーの自作

交通ルール

Cyclさん(@cyclbike)が投稿した写真 -

2015年6月より道路交通法が新しくなり、自転車ユーザーもより安全性を高く意識するようになりました。車や歩行者に右折・左折などのサインを送る手信号(ハンドサイン)というルールがあるのをご存知でしょうか?安全運転が自転車ユーザーに求められますが、片手で行う手信号は、バランスを崩す恐れがあり、難しいですね。

ウィンカーの手軽さ

自転車にもバイクや自動車と同じように「ウィンカー」があれば、手軽に安全を確保できます。自転車の「ウィンカー」があれば、手信号でのバランスを崩す恐れもなく、簡単に車や歩行者へ進路変更のサインを送ることができます。「ウィンカー」が付属されている自転車を見かけることは、あまりありませんが、自転車用の「ウィンカー」は、自宅で簡単に取り付けられる、自作キットが販売されています。

安全とデザイン

自作のウィンカーつき自転車は、おしゃれなの?と思われるかもしれませんが、1970~80年代には、レトロな雰囲気の『フラッシャーつき自転車』と言われた、ウィンカーつき自転車が流行りました。当時のウィンカーつき自転車は、かっこよくて、こどもに人気が高かったようです。現在、販売されている自作ウィンカーキットも安全性の面だけではなく、おしゃれでかっこよいデザインのウィンカーもあります。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年7月29日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz