TTバイクは競技者向け?一般ライダーにも人気がある魅力の秘密とは

TTバイクは競技者向け?一般ライダーにも人気がある魅力の秘密とは


ロードバイククロスバイクといった街乗りでも利用できるスポーツ車は有名ですが、TTバイクという競技者向けの自転車がある事をご存知でしょうか?街乗りには不向きな自転車ですが、一般ライダーをも惹きつける魅力があるようです。そこで今回は、TTバイクの特徴やおすすめのモデルをご紹介します。

TTバイクの特徴とロードバイクとの違い

TTバイクとロードバイクの見た目で分かる大きな違いは、ハンドルです。一般的に装備されているドロップハンドルは、上ハン(フラット)やブラケットなど握る部分がたくさんあり、楽な姿勢で乗りたい時など必要に応じて使い分ける事ができます。

対してTTバイクについているハンドルは、牛に生えている角のような形をしているブルホーンハンドルとDHバー、腕を乗せる事ができるアームレストが標準装備されています。こちらはトライアスロン競技向けのハンドルですが、自分でカスタムしてクロスバイクなどに装備している方もいるようです。

ポジショニングとフレームの空気抵抗

ロードバイクのようなスポーツ車の基本体勢は前傾ですが、TTバイクはフレームの角度が垂直に近く、サドルの位置もロードバイクと比べて10cmほど前に出ている事から、通常よりもさらに前に体を倒すような形で乗るようになっています。また、エアロ構造になっているTTバイクのフレームは、空気抵抗を軽減してくれます。その半面、重量が重く運動性能が低いので、平地を走るのに最適な乗り物と言えるでしょう。

2通りの乗り方について

TTバイクはロードバイクとは少し乗り方が違い、はじめての方や2種類を交互に利用している方などは体にかかる負担の違いに少々戸惑いを覚えるようです。ではTTバイクに適したポジション(乗り方)とは、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは、レースを行う時や楽な姿勢を維持したい時など、状況に応じて変える事のできる最適な乗り方についてご紹介します。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz