輪行袋を選ぶならオーストリッチが一番!おすすめの商品を一挙ご紹介

輪行袋を選ぶならオーストリッチが一番!おすすめの商品を一挙ご紹介


自転車が気持ちの良い季節になってきました。自宅からスタートしてのんびりとポタリングをするのも楽しみ方のひとつですが、せっかくなら電車に乗って、全く知らない土地を走ってみるというのもまた一興ですよね。そこで今回は、電車にロードバイクを乗せる際に必須の輪行袋についてご紹介したいと思います。

輪行袋を選ぶ際のポイントとは

輪行袋には前輪だけを外すタイプのものと、前後輪を外すタイプの2種類があります。前輪を外すだけのものは、時間をかける事なく袋の中に入れる事ができるので、輪行袋に不慣れな方に最適と言えます。組立時も前輪だけなので簡単に行う事ができますが、縦・横・高さの合計が250cm以内というルールに収まりづらいというデメリットもあります。

前後輪を外して収納するタイプは、時間はかかりますがコンパクトに収める事ができて、周りの人に迷惑がかかりにくいという点で重宝されています。しかし、フレームに前後輪をくくりつける事から傷がつきやすく、事前にタオルなどを巻いて対処する方もいるようです。

注目すべきは重量と袋内の構造

生地が破れないように頑丈に作られている輪行袋は重めのものが多いのですが、商品によって異なる場合もあるので、なるべく軽量に作られているものを選ぶようにしましょう。分解しているとはいえ、自転車一台を持ち運ぶ大変さは変わりませんが、軽いにこした事はありません。

また、袋の中は商品によって構造が違ってきます。安価なものはどちらかというとシンプルなものが多いのですが、少し高価なものや優しい作りをしている輪行袋は、収納する際に便利な目印などがついており、フレームにつく恐れがある傷を軽減してくれます。

輪行袋は大事な自転車を持ち運ぶ重要なアイテムなので、慎重に選んでいく事が大切です。

商品ラインナップの一部をご紹介

さまざまなブランドがある中で最も人気があるのが、オーストリッチという国内の有名老舗ブランドの輪行袋です。サドルバックなどのアイテムも豊富に揃っており、小径車からロードバイクまで幅広い種類の自転車に対応した輪行袋は、たくさんのライダー達から大きな支持を得ています。では、そんなオーストリッチから一体どのような輪行袋が生み出されているのでしょうか?一部をご紹介していきたいと思います。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年7月22日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません