伝説の男マルコパンターニ、海賊と呼ばれたサイクリストの生涯に迫る

伝説の男マルコパンターニ、海賊と呼ばれたサイクリストの生涯に迫る


伝説のクライマー「マルコ・パンターニ」。自転車競技にご興味がある方は、この名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?多くの人々に惜しまれながら遂げられた、その数奇な生涯とサイクリストとしての才能は、映画化までされるほど。今回は、今もなお、多くのファンが存在する伝説の男「マルコ・パンターニ」についてご紹介したいと思います。

マルコパンターニをご存知ですか?

マルコパンターニは、イタリア出身のプロロードレーサーです。プロ通算36勝を挙げたイタリアでも有名なクライマーでもあり、「ジロ・デ・イタリア」と「ツール・ドフランス」の2大大会で個人総合優勝を果たした経歴を持ちながら、その不運の日々と数奇な人生で、世の人々に強烈な印象を与えました。所属チームは、1992~1996年までが「カレラ」、その後1997~2003年までが「メルカトーネ・ウノ」です。

マルコパンターニの生涯に迫る!

上記でも少しご紹介したように、マルコパンターニの人生は決して穏やかと言えるものではありませんでした。ここでは、彼が制してきた数々の険しいレースのような、その激動の生涯について、ご紹介していきたいと思います。2大大会の制覇、そして早すぎる死…。死後10年以上経った今もなお人々の記憶に鮮明に刻まれている「マルコパンターニ」とは、一体どのような選手だったのでしょうか?

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年2月1日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

11 コメント - "伝説の男マルコパンターニ、海賊と呼ばれたサイクリストの生涯に迫る"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
荻野 隆介(Facebookページより)
荻野 隆介(Facebookページより)

BRIKOのサングラス。カッコいい。

深田良介(Facebookページより)
深田良介(Facebookページより)

何で今頃と思ったら
もうすぐ命日か。

馬場 昌広(Facebookページより)
馬場 昌広(Facebookページより)

今でも、自分心の中にはパンターニは生きてます👍

清末 実(Facebookページより)
清末 実(Facebookページより)

昔はTVで放映されていたツールを夜中にみて、山でのパンターニの活躍を嬉々としていたのを思い出しました。

Kinta Tetsu Shun Kawada(Facebookページより)
Kinta Tetsu Shun Kawada(Facebookページより)

今年も2/14がやってきます。ウルリッヒやリース、ランスもー選手だけでもなく自転車競技界がドーピングをおこなっていたのに何故彼だけがスケープゴートにならなければならなかったのでしょうか。

Hitoshi Yoshizawa(Facebookページより)
Hitoshi Yoshizawa(Facebookページより)

ラルプデュエズが一番似合う人!

池上 大輔(Facebookページより)
池上 大輔(Facebookページより)

未使用のパンターニモデルのチャリが宝物です^ ^

内藤 昌志(Facebookページより)
内藤 昌志(Facebookページより)

海賊マルコパンターニ、謎過ぎて、短過ぎる輝きでした。

徳田 文賀(Facebookページより)
徳田 文賀(Facebookページより)

彼に憧れて当時、ビアンキを買いました。 (^^)

高重 俊之(Facebookページより)
高重 俊之(Facebookページより)

ずっと前に映画を観ましたがチームとスポンサーの犠牲者に思えました。いつの世も権力者に逆らう者の末路は哀しい事が多いですね。

山本 修(Facebookページより)
山本 修(Facebookページより)

懐かしー

wpDiscuz