リカンベントってどんな乗り物?特徴とその買い方を徹底解説

リカンベントってどんな乗り物?特徴とその買い方を徹底解説


リカンベントという自転車を見たことがあるでしょうか?昔からある自転車の種類なのですが、長らくその存在は忘れられてきました。しかし、近年、環境に対する配慮や運動といった観点から自転車が見直されると、リカンベントにも注目が集まってきました。日本では愛用する人はまだまだ少ないですが、これから注目の自転車です。そのリカンベントの買い方や乗り方をご紹介します。

リカンベントとはどんな自転車?

リカンベントという英単語には「もたれかかる」という意味があります。つまり、背もたれにもたれかかるように座り、ペダルを漕ぐ自転車がリカンベントです。空気抵抗が少なく平地ではロードバイクよりも速いスピードで巡航することが可能です。しかし、坂道を登るのは体勢的にきつくなります。一般的な自転車に近い形のものから、地面すれすれを寝そべったかたちで走るモデルのものまで、リカンベントには多様な種類があります。

リカンベントメーカーの製品はどこにある?

日本では、リカンベントを作っているところも、売っているところも多くないのが実情です。日本にもリカンベントを扱う自転車店は増えてきています。中でも、日本教育輪店(通称:ニキリン)とLOROというお店が有名です。どちらもリカンベントを専門に扱っていますので、安心してリカンベントに挑戦することができます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年1月7日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

1コメント

+ コメントを残す