自転車の正しい交通ルールを学んで安全運転!意外と知らない違反行為

自転車の正しい交通ルールを学んで安全運転!意外と知らない違反行為


2015年に道路交通法が改正されてから、自転車への取り締まりも厳しくなってきました。以前は当たり前のようにやっていた行為も、現在では違反行為にあたるかもしれません。そこで今回は、うっかり捕まってしまわないために、意外と知らない交通ルールについてご紹介していきたいと思います。

法律で定められている交通ルール

自転車にも車と同じく、法律で定められている交通ルールがあります。忙しい日常の中で毎日のように自転車を利用していると、つい軽視してしまいがちですが、スピードの出る乗り物に乗っている以上、予期せぬ事故が起きる可能性も考えられます。そのような事態を防ぐためにも、自分の自転車の乗り方を見直し、しっかりと交通ルールを守っていく事が大切です。

非常に危険な踏切への侵入行為

開かずの踏切という言葉をよく聞きます。急いでいる時など、ついつい遮断機の下をくぐり抜けて通過して行ってしまう方も見かけますが、これは自らの命に関わる非常に危険な行為です。なかなか開かない事につい焦りを感じてしまう事もありますが、後悔する事態にならないためにも、カンカンカンという音が鳴り始めて遮断機が下りてきたら、必ず停車するようにしましょう。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年7月8日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz