イタリアのデザート「ザバイオーネ」とは?簡単なアレンジレシピ6選

イタリアのデザート「ザバイオーネ」とは?簡単なアレンジレシピ6選


ザバイオーネというお菓子をご存知ですか?名前を聞いてもイメージできないという方が多いかもしれません。イタリアでは定番のスイーツで、濃厚なコクと甘味が特徴です。この記事では、ザバイオーネのご紹介と、簡単な作り方からアレンジレシピまでをご紹介します。

ザバイオーネについてご紹介

ザバイオーネは、イタリアのピエモンテ名物のデザートです。14世紀のイタリアにザバイオーネのレシピが残されており、古くから愛されています。卵・砂糖・マルサラ酒を主な材料とし、温めながら混ぜたものをソース状にしたものがザバイオーネです。甘い風味と卵のコク、お酒の後味が特徴です。フルーツにかけて食べたり、ビスケットですくって食べられています。

ザバイオーネと言われてもピンと来ない方も多いかもしれませんが、実は、ティラミスにもザバイオーネが使われています。ティラミスのザバイオーネはマスカルポーネチーズを合わせたもので、いわゆるアレンジレシピなのです。コース料理のフルーツやスイーツにかけられていたりもします。それでは、基本的なザバイオーネの作り方とアレンジレシピをご紹介しましょう。

ザバイオーネのレシピ

基本のザバイオーネ

パンツェッタ・ジローラモ氏による本格的なザバイオーネの基本的な作り方です。底の厚い大きな鍋に卵黄とグラニュー糖を入れ、白っぽくなるまで泡立てます。そこにマルサラ酒を加えて、かき混ぜ続けながら弱火にかけます。色がやや茶色になり、量が20倍ほどに増えてきたらできあがりです。カットしたお好みのフルーツにかけるなどして食べましょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz