パンクしない自転車の乗り方とは?工夫次第でタイヤの長持ち度アップ

パンクしない自転車の乗り方とは?工夫次第でタイヤの長持ち度アップ


自転車に乗っているとタイヤは自然と劣化していき、走行中にパンクしてしまう事も珍しくありません。とはいえコストや手間を考えると、できる事なら少しでも長く大切に乗っていきたいですよね。そこで今回は、パンクをしにくい乗り方の工夫などについてご紹介していきたいと思います。

意外と知らないパンクの種類

一概にパンクと言っても、さまざまな原因によるものがあります。パンクをしてしまえば同じかもしれませんが、どのような状況でタイヤが損傷してしまうのか頭の片隅に入れておくと、乗る際の意識が変わり、パンクのリスクが低くなります。また種類によっては自分で簡単に、低コストで修理を行う事もできるので、ひとつでも知っておいた方が得策と言えるでしょう。

尖ったものが原因!蚊刺しパンク

道端に落ちている、目で確認しづらいガラスの破片や画鋲などの異物が刺さる事が原因で、チューブに穴があいてしまう事を蚊刺しパンクと言います。タイヤが食い込みやすいの日などに起こりやすく、比較的荷重の大きい後輪部にダメージを受けやすいとされています。外観では分かりづらく、一見空気がないだけのようにも見えますが、走行中にペシャンコになったのなら蚊刺しパンクの可能性が一番高いです。

段差が原因?蛇噛みパンク

道路を走っていてどうしても遭遇してしまうのが、横断歩道の段差や石などの障害物ですが、蛇噛みパンクはこれらの障害物を乗り越えようとする際に、リムに押し付けられる衝撃で穴があいてしまう事を言います。特徴は蛇に噛まれたような2つの小さな穴があいている事です。蚊刺しパンクと比べて空気の抜けるスピードが早く、あっという間に潰れてしまいます。また、タイヤの空気圧が少ない状態でも起こりやすいとされています。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年7月6日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz