ライトはロードバイクの必需品!安全のために必要な選び方のポイント

ライトはロードバイクの必需品!安全のために必要な選び方のポイント


夜に走る事が多い方にとって自転車のライトは、自分や人の命を守るために重要な装備すべきアイテムのひとつです。では安全のために、どのような点を重視してライトを選べばいいのでしょうか?今回は、自転車につけるライトの選び方のポイントやおすすめ商品をご紹介していきたいと思います。

快適に走るための選び方のポイントとは

ライトは安全性を高めるために重要となってくる装備品で、知らない道を走ってロングライドを楽しむ方などは、走行中は常に点灯していても良いと言われているくらいです。とはいえ、同じライトでも照らす光の広がり方など、ライトによって機能性も変わってくるので、快適に走るためにも、より高性能なものを選ぶ必要があります。では主に、どこを判断基準にして選べばいいのでしょうか?

前方の障害物を目視できる明るさ

ライトを選ぶ際に最も重要なのが、しっかりと前方を照らす事ができる明るさです。夜やトンネルなどの暗い道を走行する際、ライトの光が弱くてはその効果を発揮する事はできません。自転車に関しては、地域によって法律も違ってきますが、東京都では、「前方10メートルの障害物を確認する事ができる光度」と定められています。自分や周りの安全のためにも、しっかりとした明るさを保つ事が出来るライトを選ぶ事が大切です。

充電式と乾電池式のライト

ライトには「充電式」と「乾電池式」があります。乾電池式は入手しやすくコンビニなどで気軽に購入する事はできますが、交換頻度が多くなってしまうため、普段ライトを使う場面が少ない方向けと言えるでしょう。

繰り返し使う事ができる充電式は、そのランニングコストの安さが最大のメリットです。現在は、予備バッテリーに交換できるタイプのものや、スマートフォンで充電できるタイプのものもあるので、走行中に電池が切れてしまっても立ち往生する心配もなく、快適にサイクリングを楽しむ事ができます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年7月5日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz