自転車に反射板は取り付けるべき?法律で義務付けられた装備品の1つ

自転車に反射板は取り付けるべき?法律で義務付けられた装備品の1つ


自転車には、反射板というものがついています。今まで乗ってきたほとんどの自転車が、標準装備されているものだった場合は聞き慣れないかもしれませんが、これは夜間走行の際、安全を確保するための重要な装備品のひとつです。そこで今回は、反射板の必要性や選び方のポイントなどについて、ご紹介していきたいと思います。

自転車に必要な装備品とは

PDW King of Ding bell and Bar-ista cup holder
自転車は安全上、反射板やブレーキ、ベルなど必ず装備しなければならないものがあります。標準装備されている車種もあるので、一般的には購入したらすぐに乗りはじめる方がほとんどだと思われます。しかし、中には装備されていない自転車があるので、実際に乗りはじめる前に自分で確認し、取り付けされていなかった時は別途購入し装備する必要があります。

通常は購入時に説明があると思うので、不安に感じる方はお店でやってもらうといいかもしれませんね。

道路交通法で義務付けられている装備

自転車に取り付けられている反射板は、夜間やトンネル内を走る際に道路交通法で義務付けられている装備品のひとつです。尾灯を点灯する事ができれば反射板がなくても問題はありませんが、このどちらをも満たしていない場合は無灯火走行として罰則も生じるので、購入した自転車に装備されていなかった場合は必ず取り付けるようにしましょう。

反射器材の装備義務について

次のような場所を通行する場合において、尾灯を点灯することができない場合には、自転車には反射器材(後方反射板)を装備しなければならない。

夜間(日没から翌日の日の出までの間)の道路
トンネル内(照明が暗く50m先まで明瞭に見えないトンネル)
その他、濃霧の中など、50m先まで明瞭に見えない暗い場所
尾灯を点灯することができる場合には、反射器材は装備しなくとも良い。
また、上記の場所を一切通行しない場合には、尾灯の点灯も反射器材の装備も必要ない。
引用元: http://law.jablaw.org/br_equip反射器材の基準
反射器材は、次の基準を満たすものでなければならない。

性能:夜間、後方100mから自動車の前照灯(ハイビーム)で照らし、反射光を容易に確認できること

色:橙色または赤色
引用元: http://law.jablaw.org/br_equip

リフレクター(反射板)の役割とは

Visibility
人によって言い方が違う場合もあるので混乱してしまうかもしれませんが、反射板はリフレクターとも呼ばれています。ビル街などの明るい道を走行していると忘れがちになってしまいますが、自転車は夜間に走行していると闇に紛れてその存在を確認しづらくなってしまいます。リフレクターは暗い空間で自分の存在をアピールするために役立つアイテムです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz