選択肢を広げるために知っておくべき!カーボンフレームの2つの性格

選択肢を広げるために知っておくべき!カーボンフレームの2つの性格


ロードバイクのフレームに用いられている素材の一つとして、カーボン素材が挙げられます。きっと誰もが一度は聞いたことがあり、憧れたことがあるであろうカーボンフレームは、メーカーが意図した「性格」によって二種類に大別することができます。まずはこの二種類の性格(特性)からご説明します。

カーボンフレームの特性は主に二種類

「カーボンフレームはメーカーが意図した性格から、二種類に大別することができる」と述べた通り、カーボンフレームの特徴としては「快適性重視」か「剛性重視」かに大きく分けることができます。この項では、それぞれどういった要素がフレームの特徴を決定付けているのか、という点についてご紹介していきたいと思います。

快適性重視:エンデュランス(長距離走行)仕様

IMG_1565
「快適性」に重きをおいたカーボンフレームの特徴として、比較的アップライトなポジションで乗ることができるフレームの設計と、柔らか目のカーボン繊維を用いている(メーカーによっては特殊なダンパーを併用して快適性を上げています)という点が挙げられます。格安カーボンロードという売り文句の物から、メーカーが本気で快適性を追求したフラッグシップモデルなど種類が豊富で、十分な選択肢があることでしょう。

剛性重視:ガチガチなレース仕様

Humphreys Triathlon results
レースにも対応することができる「硬い」カーボンフレームは20万円以上を目安に考えると良いでしょう。プロが使うようなフラッグシップモデルの場合は、「踏み負けてしまう」ほどの剛性を兼ね備えているフレームも少なくありません。しかし、アルミフレームのような細かい振動や突き上げ感は非常に少なく、レース仕様のカーボンフレームといえど、次元が違うほど快適です。

20万円代のおすすめロードバイク完成車

最近では10万円前半という価格で買えてしまうカーボンロードバイクも増えてきましたが、その分、廉価な素材を用いており、安心感に欠けてしまいます。そこで、今回はカーボンロードバイクを買う上で基準にされる「20万円」代で、個人的にお薦めできる商品を2点ご紹介します。ロングライドおすすめな「DOMANE」、レースにも対応することのできる「TCR ADVANCED」、両者とも非常に評価が高い名バイクです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz