自転車のペダルを交換したい!賢い選び方と人気のペダル2種類

自転車のペダルを交換したい!賢い選び方と人気のペダル2種類


みなさんはペダルを自分で交換したことがありますか?自転車の欠かせないパーツの一つであるペダルは、案外自分で取り換えができてしまいます。今日は、ペダルの取り替え方とおすすめのペダルの種類をご紹介します。自分に合ったペダルを選んで、もっと好みの自転車にカスタマイズしていきましょう!

自転車のペダルはどうやって選ぶの?

まずはペダルの種類を見ていきましょう。ペダルの種類は大きく分けて2つあり、ノーマルペダル(フラットペダル)とビンディングペダルがあります。ノーマルペダルは普段見慣れた自転車のペダルと似ているペダルで、ビンディングペダルは靴とペダルが装着できるタイプのペダルです。それではノーマルペダルから詳しく見ていきます。

ノーマルペダル

ノーマルペダルの中でも両面ノーマルペダル、トークリップ対応ノーマルペダル、デカペダルに分かれていてそれぞれ用途が違います。まず両面ノーマルペダルは両面とも同じデザインで、普通の自転車のペダルに近いものです。トークリップ対応ノーマルペダルは片方のみが踏み台になっており、トークリップやストラップをつけて使うことを目的としています。デカペダルは踏み台の大きなペダルで、滑り止めの突起物がついています。

ビンディングペダル

ビンディングペダルの中でも種類があり、ロードバイク用とMTB用に分かれています。ロードバイク用は靴とペダルを固定するビンディングが片方のみについていて、MTB用は両面にビンディングがついています。MTB用は踏み台が小さめのため、踏み台を大きくした「でかタイプ」もあり、ビンディングシューズだけでなく、普通の靴で自転車に乗ることのある人におすすめです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz