小さな癒しの空間づくり。ボトルアクアリウムのコツを教えます!

小さな癒しの空間づくり。ボトルアクアリウムのコツを教えます!


ボトルアクアリウムをご存知ですか?小さなボトルにお水と水草、数匹の観賞魚を入れて飼育するスタイルです。水槽のように場所も取らず、デスクの上などの限られたスペースでも生き物の姿を観察できます。今回は、簡単にはじめられるボトルアクアリウムのつくり方とお手入れ方法をご紹介します。

癒しをくれるボトルアクアリウムとは?

HONEY-Qさん(@honey082q)が投稿した写真 -

生き物やグリーンのある暮らしは、疲れた時に心の安らぎを与えてくれます。とはいえ、生活に追われてなかなか準備ができない、お世話ができないという方には、「ボトルアクアリウム」はがおすすめです。水槽とは違い、小さなボトルに少しのお水と水草、鑑賞魚を入れるだけで完成しますので、ちょっとしたポイントを押さえれば、インテリア感覚で挑戦できます。

ボトルアクアリウムの準備をしよう!

Maiko Takaiさん(@maico.ma)が投稿した写真 -

ボトルアクアリウムは、小さいボトルで魚や水草を育てます。狭いボトルの中で飼育を楽しむには、「自然環境に近づけた空間づくり」をしてあげることです。具体的には、生き物(鑑賞魚)、植物(水草)、底砂(土)を入れた空間づくりをすると、底砂に水草が植わってバクテリアが住み着き、このバクテリアが排せつ物の処理をしてくれるため、ろ過装置がなくても生き物を飼育できるのです。

必要な道具・材料をそろえる

miiiさん(@mitsukoooon2)が投稿した写真 -

・ボトル
・カルキ抜き
・水草(お好みで)
・底砂
・水温計
・ピンセット
・観賞魚

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年7月11日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz