自転車女子が教えるクロスバイクの始め方〜乗るときの靴編~

自転車女子が教えるクロスバイクの始め方〜乗るときの靴編~


こんにちは!前回のバッグに引き続き、クロスバイクに乗るうえでの悩みの種だった、『靴』についての体験をご紹介させていただきます。私が頭を悩ませたのは一点…「クロスバイクに乗るなら絶対にスニーカーじゃないといけないのか?」これに尽きます。

服装についての回でも述べたとおり、私は断然スカート派なんです。たまにはスニーカーでカジュアルに!でもいいかもしれませんが、いつもとなるとちょっと。では、普段からスニーカー以外を持ち歩くかとなると、それも現実的じゃありません。今回はこんな体験談のお話しをさせていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

クロスバイクのペダルにヒールがはまる?

heels 2011Sep24_Tweed_1421
「クロスバイク、ヒール」のキーワードで調べたときに、よく見かけたのが、「ペダルの穴にヒールがはまってしまって危ない!」という情報。これは自転車のペダルを踵で漕ぐ場合ですが、土踏まずからつま先までの間でもペダルを漕ぎますよね。 ペダルを漕ぐうえで、もう一点とても怖いのは、ヒールのある靴の土踏まずの傾斜です。つま先の平な部分で漕いでいて、何かの拍子に踵のヒールにかけての斜めの部分にガタンと滑り落ちる…。かなり怖いです!!特に立ち漕ぎなんてしていたら、本当に怪我どころじゃないと思います。また、細くて高いヒールであればあるほど、乗り降りの時にバランスを崩しやすいです。

ヒールでなければ安心?

Untitled
ヒール以外に怖かったのが、ブレーキをかけ足をついたときに滑ることでした。特にクロスバイクはシティサイクルとは比べものにならないくらいスピードが出るため、坂道での停止や急ブレーキをかけたときに足をついたら滑ってしまって支えられない可能性があります。実際に、スーツ姿の通勤途中のサラリーマンが坂道で止りきれず、あわや転倒をいうのを見たことがあります。通勤用の革靴だったとはいえ、男性でもそうなるのですから、女性はもっと注意が必要ですよね。ヒールではないからと安心せずに、滑りやすい靴にも注意が必要です。

サンダルでクロスバイク

Pirate riders
クロスバイクに限らず、脱げやすいサンダルで乗るのはダメです。転倒など自分も危ないですし、周りを巻き込む事故などの可能性もあります。絶対にやめてください!クロスバイクに乗るうえでベストなのは、スニーカーですが、出かける際の家から駅までの短い移動では難しいこともあるとおもいます。そういうときは脱げにくい、滑りにくい、ペダルを漕ぎやすいものをなるべく選んで、安全を心がけましょう!