チタン製ロードバイクは「一生もの」?他に類を見ないその特徴に迫る!

チタン製ロードバイクは「一生もの」?他に類を見ないその特徴に迫る!


現在のロードバイクに用いられるフレーム素材として主流な物はアルミ・クロモリカーボンの3種類ですが、ごく一部のメーカーからは「チタン」を素材に用いたフレームが少量生産されています。なかなか聞き覚えがないのではないかと思われる「チタンフレーム」の利点や魅力について、この記事を通して読者の方に少しでもご紹介することができればと思います。

そもそもチタンとは

「チタン」という素材は、アクセサリーやメガネのような身近なものから飛行機の重要な部品に用いられたりと、さまざまな用途で活躍しています。錆びにくく軽量かつ高剛性と多くの利点を備えている一方で、難点は加工や切削が難しく、他の素材に比べ生産コストが高いという点です。しかしこの難点は、裏を返せば「チタン」という素材が持つ性質の利点そのものと言えるでしょう。

フレーム素材としては非常に珍しい

チタンが持つ性質は自転車にも非常に向いており、金属フレームに乗っている事を忘れてしまうような快適性に加え、高い剛性も確保することができます。しかしその特殊な加工技術や生産コストの高さゆえに、チタンフレームを生産することができるメーカー自体が限られてしまっています。

高耐久かつ長寿命!

チタンフレームの特徴としてよく用いられる表現の一つが「一生もの」という言葉です。フレーム寿命は乗り手の乗り方や走行距離にも左右されますが、平均的に10年以上は快適に走り続けることが出来る耐久力を持っていると言われています。10年経っても色褪せることのない「いぶし銀」のフレームはアルミやクロモリでは表現できない妖艶な魅力を放っています。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年7月1日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません