チタン製ロードバイクは「一生もの」?他に類を見ないその特徴に迫る!

チタン製ロードバイクは「一生もの」?他に類を見ないその特徴に迫る!


現在のロードバイクに用いられるフレーム素材として主流な物はアルミ・クロモリカーボンの3種類ですが、ごく一部のメーカーからは「チタン」を素材に用いたフレームが少量生産されています。今回は「チタンフレーム」の利点や魅力について、ご紹介したいと思います。

そもそもチタンとは

「チタン」という素材は、アクセサリーやメガネのような身近なものから飛行機の重要な部品に用いられたりと、さまざまな用途で活躍しています。錆びにくく軽量かつ高剛性と多くの利点を備えている一方で、難点は加工や切削が難しく、他の素材に比べ生産コストが高いという点です。しかしこの難点は、裏を返せば「チタン」という素材が持つ性質の特徴であり、利点そのものと言えるでしょう。

フレーム素材としては非常に珍しい

KGS / Passoni XXTi as a FrameUp™
チタンが持つ性質は自転車にも非常に向いており、金属フレームに乗っている事を忘れてしまうような快適性に加え、高い剛性も確保することができます。しかしその特殊な加工技術や生産コストの高さゆえに、チタンフレームを生産することができるメーカー自体が限られてしまっています。

高耐久かつ長寿命!

Dean titanium track bike
チタンフレームの特徴としてよく用いられる表現の一つが「一生もの」という言葉です。フレーム寿命は乗り手の乗り方や走行距離にも左右されますが、平均的に10年以上は快適に走り続けることが出来る耐久力を持っていると言われています。10年経っても色褪せることのない「いぶし銀」のフレームはアルミやクロモリでは表現できない妖艶な魅力を放っています。

チタンフレーム選びのポイントは?

Solid, Raw Titanium, Cubano
チタンフレームのロードバイクを購入する上で重要なポイントは、メーカーの制作実績です。「老舗」と呼ばれるようなメーカーのチタンバイクは仕上げから乗り味まで全てが別次元にあり、長い年月をかけ蓄積されてきたフレームビルドの技術は伊達ではない事を体感することができるでしょう。もちろん新興メーカーから販売されているチタンフレームも、最新の技術を用いて作成されており、仕上がりに不満を抱くことはほとんどありません。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年7月1日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

17 コメント - "チタン製ロードバイクは「一生もの」?他に類を見ないその特徴に迫る!"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
大矢 大司(Facebookページより)
大矢 大司(Facebookページより)

チタンは繰返し応力に弱く、ビード付近から割れが発生しやすいです。
チタンより重くはありますがクレス材も対腐食では選択肢ではないかと。
使っていれば必ず物質的には落ちるは避けられないですが、マスターオリンピックの様な素晴らしい乗り味が出るかは、やはり職人芸だと思います。

深田良介(Facebookページより)
深田良介(Facebookページより)

ライトスピードみたいな薄いチタンは割れるのは有名ですが、あれは軽さ(素材や肉厚)とトレードオフでしょう。3AL2.5Vのプレーン管はそこまでナーバスな素材ではないです。工学的では無く使用した感じですが。
また、チタニアのORT210フレームに跨らせてもらった時は魔法の絨毯の様でした。レーシングには全く向きませんが。
チタンは塩にも強く異素材間による腐食が少ないので海沿いが生息地のサイクリストには強い味方です。

佐久間 博規(Facebookページより)
佐久間 博規(Facebookページより)

やっぱり、いつかはチタンかな(^^)

西野 隆幸(Facebookページより)
西野 隆幸(Facebookページより)

短い一生だこと・・・・w

金属で常に力が掛かってる訳ですので
金属疲労は必ず起こる
カーボンは 直接日光を浴びなければ
疲労劣化は 金属よりかなり長く使える
ジェット戦闘機のメインボディにも
何十年も前から 使われているが
音速を楽々超える衝撃にも 長年耐えられてる
チタンパーツ、ジュラルミンパーツは
5〜10年でほぼ全てが交換サイクルに入るが
カーボンはその機体が使い終わるまで 使い続けられる

洋弓なども カーボンになり飛躍的に使用限界が伸びているし
精度維持も高い

滝川 圭三(Facebookページより)
滝川 圭三(Facebookページより)

イイなって思うけど、ロードじゃ無いけど、未だに1990年頃のパナのヤマネコのMRD(クロモリ)活躍中です。惚れ込んだものはずっと使います。

Satoshi NekoKanzaki Matsuo(Facebookページより)
Satoshi NekoKanzaki Matsuo(Facebookページより)

仕事帰りの疲れてるときに、空想金属(ミスリルとかオリハルコンとか)のロードとか妄想したりしました。

瀧本 憲博(Facebookページより)
瀧本 憲博(Facebookページより)

昔、カレラに乗ってました。

村上 勝人(Facebookページより)
村上 勝人(Facebookページより)

またがってみたい クロモリよりやわらかいのか 硬いのか

大野 正栄(Facebookページより)
大野 正栄(Facebookページより)

このようなバイクに乗ってると訊かれそうです。「なんぼチタン?」と。

Takahiro Matsumoto(Facebookページより)
Takahiro Matsumoto(Facebookページより)

金属疲労はクロモリに軍配が上がるでしょ?アマンダのビルダーさんも、カーボンですらクロモリのフレーム特性に勝てないって言ってる位ですからねぇ。10年で新しい設計のフレームに代えるのも良いよね。

山田 友彦(Facebookページより)
山田 友彦(Facebookページより)

どうせ一生乗らないでしょ やっぱり飽きちゃうしね

鈴木 陽介(Facebookページより)
鈴木 陽介(Facebookページより)

チタン良いですね。
速いとか遅いとか、重い軽いとかそーゆーのでは無くて…
マテリアルとしての魅力ですね。
乗り物好きなら分かると思うのですが「チタン、カーボン、削り出し」このようなキーワードに恋い焦がれるオトコノコが多く、魅了されるマテリアルですね。
自転車好きには分かりづらい話かと思いますw
一生乗るから一生モノでは無く、一生「モノ」として付き合えるから一生モノ。
乗れなくなったら置いといて、ソレにまつわるエピソードを後世に語る。そんなジジイになるのも面白い余生かと。

かという自分も所有した事は無いですが、derosaのチタニオを乗らせてもらった時は少しだけ世界が変わりました。

(機材として選ぶなら断然カーボン!それを2年で買い替えです。)

匿名

チタンはアルミより重いのだが、強度が有るので
使う材料が少くて済むから結果軽い製品が出来上がる

小川 光章(Facebookページより)
小川 光章(Facebookページより)

「チタン」って素材響きの値打ちですよね。
カーボンとクロモリの間って感じ。
マグネシウムはどうなったんかな?

秋山誠(Facebookページより)
秋山誠(Facebookページより)

デローサのティタニオ乗ってますが、それなりに楽しく走ってますよ(^-^)

パナソニックのチタンも持ってますが、どちらも楽しいです(^-^)
チタンからチタンに乗り換えたパターンですが、レースみたいにスピードを競うならカーボンだと思いますが、センチュリーライドみたいなタイプのイベントなら楽しいと思います(^-^)
カーボンよりロングライド向きかな?(^-^)

三好 耕平(Facebookページより)
三好 耕平(Facebookページより)

チタンのメスねじにチタンのビスを入れるのはやめましょう。
固着して取れなくなります。
以上、金属加工屋からのお知らせ。

田野井 勇樹(Facebookページより)
田野井 勇樹(Facebookページより)

ロードは軽さを求めてチタンやカーボンでもいいけど・・・よく乗るツーリングやキャンピング車はクロモリのほうが個人的にはいいな・・・まぁ、結局は好みになると思うけどなぁ

wpDiscuz