昔の自転車ってどんな形?自転車の歴史や発展を見てみよう!

昔の自転車ってどんな形?自転車の歴史や発展を見てみよう!


みなさんは自転車がどこで生まれたのか知っていますか?普段の生活に自転車が欠かせない人も多い中で、自転車がどのように発達・発展してきたのかを知らない人もたくさんいるのではないのでしょうか。今日はそんな自転車の歴史をご紹介します。

自転車の歴史を見てみよう!

自転車の歴史はドイツから始まりました。カール・ドライス男爵が発明した「ドライジーネ」という自転車が今の自転車の原型です。ここからはその「ドライジーネ」と日本で最初に取り入れられた「ミショー型」を見ていきましょう。

自転車はどうやって生まれたの?

「ドライジーネ」は林業に関する仕事をしていたカール・ドライス男爵が、森を管理することを目的として発明しました。男爵はもともとハイデルベルク大学で建築を専攻していたこともあり、林業の仕事に就いた後も物作りに熱心でした。「ドライジーネ」は全体が木製で、ペダルがないため足で蹴って前に進む必要がありました。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年6月26日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません