昔の自転車ってどんな形?自転車の歴史や発展を見てみよう!

昔の自転車ってどんな形?自転車の歴史や発展を見てみよう!


みなさんは自転車がどこで生まれたのか知っていますか?普段の生活に自転車が欠かせない人も多い中で、自転車がどのように発達・発展してきたのかを知らない人もたくさんいるのではないのでしょうか。今日はそんな自転車の歴史をご紹介します。

自転車の歴史を見てみよう!

自転車の歴史はドイツから始まりました。カール・ドライス男爵が発明した「ドライジーネ」という自転車が今の自転車の原型です。ここからはその「ドライジーネ」と日本で最初に取り入れられた「ミショー型」を見ていきましょう。

自転車はどうやって生まれたの?

「ドライジーネ」は林業に関する仕事をしていたカール・ドライス男爵が、森を管理することを目的として発明しました。男爵はもともとハイデルベルク大学で建築を専攻していたこともあり、林業の仕事に就いた後も物作りに熱心でした。「ドライジーネ」は全体が木製で、ペダルがないため足で蹴って前に進む必要がありました。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "昔の自転車ってどんな形?自転車の歴史や発展を見てみよう!"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
高橋良和

佐倉の美術館で自転車の歴史展やってるよ

wpDiscuz