フルカーボンロードバイクの選び方を徹底解説!価格で特性を見極める

フルカーボンロードバイクの選び方を徹底解説!価格で特性を見極める


Mini Raw Code: Error content structure
現在ではすっかり主流になったカーボンフレームですが、完成車で15万という物もあればフレームのみで60万円という物まで、その価格幅は技術の進歩と共に拡大してきています。そこで今回は、カーボンフレームのロードバイクを買うときにどの価格帯の物を買えば良いのか迷わないよう、価格帯ごとのおおまかな特徴をご紹介していきます。

何が価格の違いを引き起こすのか?

カーボンフレームの価格を決定付けている要素、それはずばりカーボン自体の「素材」のグレードと「開発費」です。最高価格のフレーム、いわゆる「フラッグシップ機」は、その時点で最高の素材を用いている上に、開発設計にかけている労力も尋常ではありません。逆に、以前のフラッグシップ機のフレームジオメトリを流用し、カーボンも少し廉価な素材を使用することで、比較的安価なカーボンフレームを販売することが出来るのです。

カーボンフレームのメリットとデメリットは

ここで、カーボンフレームのロードバイクを選ぶ前に軽くカーボンの特性についてご紹介します。盲目的に「とにかくカーボンフレーム!」という考えだけでは自分に合った一台を探すのは難しく、購入後に後悔してしまうような事態になりかねません。フレームの特徴を理解することで、「自分に合った素材は本当にカーボンなのか?実はアルミフレームの方があっているのではないか…」等の問いに対する答えが見つかるはずです。

どんなニーズにも応えられる万能性

カーボンフレームはさまざまな形状に加工することができ、そのフレーム形状は各メーカーの理想とする姿その物と言っても過言ではありません。またカーボンを積層する場所が自由に設定できるため、場所ごとの強度設定を自由に行うことが可能です。これらの利点をアルミやクロモリのような金属フレームで実現することは難しく、エンド部のみをカーボンにする「カーボンバック」というハイブリッド技術が現在では主流です。

取り扱いが非常にデリケート

カーボンフレームは外部からの衝撃に非常に脆く、値段が高いハイエンドフレームやヒルクライム向きの超軽量フレームなどは「風で倒れただけで廃車…」なんて事態も起こり得るのです。そのため、中古でのカーボンフレーム購入は非常に危険です。元持ち主がそれらの事実を隠していて、実際に乗ってみたらフレームが折れた…なんて事態にならないよう、信頼できる場所からの購入をおすすめします。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年6月25日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz