ロードバイク用ミラーの必要性とは?後方チェックで安全サイクリング

ロードバイク用ミラーの必要性とは?後方チェックで安全サイクリング


ハンドルの末端に装着するミラー

ハンドルの末端に装着するタイプのミラーです。このタイプは、非常にコンパクトなものが多く、装着した後も自然に馴染んでくれるので、ロードバイクの外観を損ねたくない方におすすめです。ただ、ミラーが小さいので少し後方を確認しづらかったり、立漕ぎ中に膝がぶつかったりなどの欠点もありますが、機能性も良くスタイリッシュだという点から人気の高いタイプのミラーです。

後方確認がしやすいハンドル上部

ハンドルの上部やハンドルバー部分に装着するタイプのミラーです。種類にもよりますが、通常の二輪車などに使用されているミラーと同じ形状をしています。ミラーの面が大きくて後方を視認しやすい点が最大のメリットです。安全性は高くなりますが、どうしても目立つ印象があるので見た目にこだわりたい方にはおすすめできません。特に外観を気にせず、シティサイクルなどの街乗りをしている方に最適かもしれませんね。

人気上昇中?腕に装着できるタイプ

腕に直接装着するタイプです。自分の腕につけているので、当然ロードバイク本体の外観を損なう事なく使用する事ができて、近年人気が上がってきているミラーです。ちょっと立ち寄った先で、いちいちミラーを閉じたり開いたりするのが面倒ではありますが、自転車に余計なものをつけたくない方などにはおすすめのタイプと言えるでしょう。

おすすめのバックミラーをピックアップ!

タイプ別に絞っていっても、数あるミラーの中からひとつを選ぶのは大変ですよね。ここでは、Amazon売れ筋ランキングからピックアップしたおすすめ自転車用ミラーをご紹介していきたいと思います。装着が義務付けられていないとはいえ、自分の身を守るためにもミラーはとても重要なアイテムのひとつです。少しでも外観を損なわない自分好みのミラーを取り付けて快適にサイクリングを楽しんでくださいね。

キャットアイバーエンドミラー

ドロップ・フラット、どちらにも取り付ける事ができるタイプのミラーです。バーエンドに装着する形となるので、少し視線を落としただけで視認する事ができます。また、角度調整がしやすく、ミラーもぼける事なく利用する事ができます。直径は45mmとコンパクトサイズではありますが、広い視野で後方を確認する事ができる優れものです。ロードバイクの外観を損ないたくない方にもおすすめのミラーです。

これは便利
2016年6月15日
交通量の多い街中、後ろから迫り来る車の存在は、本当に恐怖です。自転車は歩道に乗るな、となってから、この恐怖は一層身近なものになりました。道路は路駐車ばかりです。それを避ける都度後ろをふりかえっていたのでは、効率が悪すぎます。
オートバイのようなミラーでも良いのでしょうが、ハンドル周りにそんなに余裕はありません。
そんな中、ハンドルのエッジに取り付けられるこのミラーは、最高です。
引用元: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B011DLUBIK/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=recent#RD5DQGUCNKOT5小さく軽く便利です
2016年6月11日
小さく軽く、邪魔になりません
その割に機能は充分、後方確認が安心して行えます
引用元: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B011DLUBIK/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=recent#RD5DQGUCNKOT5

ブッシュ&ミューラーのサイクルミラー

ドロップハンドル専用のミラーで、ハンドルバー内径17mm以上と、バーエンドに取り付ける事ができます。装着したミラーで心配なのが、走行時に体に触れてしまわないかという事ですが、こちらのミラーはちょうど良い大きさをしているので乗ってて邪魔に感じる事もありません。角度の調整も簡単に行えて、走行時の振動でズレが生じる心配もなく、快適にサイクリングを楽しむ事ができます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz