ロードバイク用ミラーの必要性とは?後方チェックで安全サイクリング

ロードバイク用ミラーの必要性とは?後方チェックで安全サイクリング


通常自転車にはミラーが装着されていません。近年、自転車の道路交通法は厳しくなってはいますが、現段階でミラーの取り付けは義務付けられていません。しかし、公道を走るとなると不安に感じる方もいますよね。今回は、ロードバイクおすすめの自転車用ミラーについてご紹介していきたいと思います。

必要に応じて取り付けよう

ロードバイクなどのスポーツ車は、レースなどの際はミラーの装着が禁止されています。しかし、車の多い公道を走るとなるとどうしても危険が伴ってきます。特に初心者の方などは、後方確認に不安を感じる方もいるのではないでしょうか。そんな時に活躍するのがバックミラーです。取り付けも簡単に行えるので、安全性を高めたい方にぜひおすすめしたいアイテムです。

車道やグループ走行時の後方確認

ミラーを装着する事によって、どのような時に役立つかを考えていきたいと思います。自転車は基本的に(一部を除いて)車道を走る乗り物です。とはいえ、慣れない車道走行には恐怖心がつきもの。しかしミラーがついていれば、車が接近してきたりなど、ある程度の危険を察知する事ができるので、比較的安全に走行する事ができます。

また、イベントなどでグループ走行をする際、先頭にいる方は後ろの状況を確認しなければなりません。目視で確認できれば一番良いとは思いますが、ロードバイクのように不安定になりやすい乗り物では、転倒してしまう可能性もあります。ミラーがあれば、頻繁に顔を後ろに向ける事なく後方の確認が出来るので走りに集中する事ができます。

タイプ別ミラーのご紹介

同じミラーでも装着したい場所によってタイプが違ってきます。従来のミラーのイメージと言えば、車体のフレームからはみ出た形だと思われますが、現在は驚くほどスマートで取り付けしやすい、さまざまな種類のミラーが販売されています。では一体どんなタイプのものがあるのでしょうか?ここでは、各タイプごとのミラーについてご紹介していきたいと思います。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年6月23日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz