土井雪広さんとはどんな人?日本プロロードレース界の寵児の魅力

土井雪広さんとはどんな人?日本プロロードレース界の寵児の魅力


みなさんはプロロードレース選手の土井雪広さんを知っていますか?土井さんは日本を代表するロードレーサーの一人で、日本国内のみならずロードレースの本場であるヨーロッパでも活躍しています。今回は、土井雪広さんの魅力をたっぷりとお伝えします。

土井雪広さんってどんな人?

土井雪広さんは山形県出身の32歳で、自転車をはじめたのは小学生の時でした。当時はアルペンスキーをしていたため、トレーニングの一環として自転車を取り入れていたそうです。その後本格的にロードレースをはじめたのは中学生になってからでした。早いうちからロードレーサーとしての練習を重ねていたのですね。

高校は山形電波工業学校へ通い、2年生の時にはロードレースジュニアの日本チャンピオンに輝いています。その後法政大学へと進学し、体育会自転車競技部に所属します。大学2年で日本学生チャンピオンになった後、大学を中退して2004年からプロとしてシマノレーシングチームに所属しました。大学で自転車を続けるよりも、プロチームに入ってヨーロッパで活躍できる選手になることを考えての決断だったそうです。

経歴

大学を卒業してプロになりたての2005年にはヨーロッパのレースに参加しはじめます。しばらくの間は結果を出せずに苦戦しますが、2007年にはタイで行われたツアー・オブ・シャムで堂々の総合2位を獲得します。

そしてマレーシアで行われたツール・ド・ランカウイで総合8位を、ツール・ド・北海道では総合5位と山岳賞を受賞するなど活躍の幅を広げていきました。2008年にはアムステルゴールドレースを完走し、ドイツツアーで総合33位、新人賞10位に入賞しています。また、ジャパンカップ・サイクルロードレースで日本人最高位の9位に入賞し、アジア最優秀選手に選ばれました。

2010年にはツアー・オブ・ターキーで総合6位、2011年には日本人初のブエルタ・ア・エスパーニャ出場を決め完走を果たしました。そして2012年には全日本自転車競技選手権大会ロードレースで優勝し全日本チャンピオンへと輝いたのです。2013年にはそれまで所属していたシマノのチームを離れ、チームUKYOへ移籍しました。2016年現在はマトリックス・パワータグで活動しています。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年6月24日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz