リカンベントが世界一速い自転車?その特徴を徹底解説します。

リカンベントが世界一速い自転車?その特徴を徹底解説します。


リカンベントという自転車をご存知でしょうか?自転車のメーカー名ではありません。自転車の種類です。日本ではなかなか見かけることが少ない自転車です。しかし、この自転車は相当速いという噂です。ということで、ここでは、リカンベントがどのような自転車なのかを徹底解説していきます。興味を持っていただければ幸いです。

リカンベントはどんな自転車?

リカンベントはなんと、寝そべった状態で乗る自転車です。仰向けになって乗るのがリカンベント、うつ伏せで乗るのはプローンと言います。リカンベントは前輪より前にペダルがあることが多く、ペダルを蹴りだすイメージで漕いでいきます。寝そべる体勢に近い状態で運転するので、慣れないうちはバランスが取りにくいようです。また3輪のリカンベントもあります。

スピードはどのくらい出るのですか?

百聞は一見にしかずということで、リカンベントの動画を見つけてきました。 

リカンベントの最大の特徴は、空気抵抗が少ないということです。リカンベントは慣れてくると時速40kmから50kmのスピードが出ます。また、時速40kmから50kmの速度を維持しやすいことも特徴です。ちなみにリカンベント自転車の最速は時速約130kmだそうです。動画を見ていただくとわかりますが、場所によっては車と同じくらいの速度で走ることができています。 

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年6月17日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "リカンベントが世界一速い自転車?その特徴を徹底解説します。"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
nippondanji

Performerはロードバイクもリカンベントも作ってますね。

wpDiscuz