京都市の自転車政策を斬る~新自転車計画と話題の四条通~

京都市の自転車政策を斬る~新自転車計画と話題の四条通~


久しぶりに京都へ行ってきました。

知る人ぞ知る。京都市は、いま、自転車界では大注目の自治体なのです。

 

京都市は今年の3月に新しい自転車政策を打ち出しました。「京都・新自転車計画」という計画書を出したのです。
http://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000179704.html

 

この計画は以前の計画を見直しているということで、なかなか勇気のある計画だと評判です。
世の中には、形だけの「計画書」というものが腐るほどありますが、本当に市民のことを考え、本当に実行しようという強い意思のあるものはなかなかありません。

 

さて、前置きが長くなりましたが、京都の様子をお伝えします。

 

京都の自転車ピクトグラム

まずはこちらの写真をご覧ください。

写真 2015-09-22 9 52 15 - コピー写真 2015-09-22 10 12 59 - コピー

 

路面に自転車マークが描かれていますが、今や、京都の自転車走行空間を代表するピクトグラムになっています。

 

京都の市街地は一方通行の道が多いことで有名ですが、一方通行なのでそんなに広い道幅は必要ありません。この自転車ピクトグラムによって(左側通行で)自転車が走るところもわかりますし、車のスピードも落ちますし、なによりそれによって歩行者が安心して歩くことができます。
京都の中心部(四条烏丸~三条河原町)を歩きましたが、ほとんどの細街路でこの路面表示がされいてました。ちなみに車は一方通行でも、「自転車は除く」と書いてあるところがほとんどで、自転車は相互通行が可能です。

カテゴリ
タグ

本記事は、2015年10月3日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。