タイヤの一番良い選び方?マウンテンバイクはタイヤでここまで変わる

タイヤの一番良い選び方?マウンテンバイクはタイヤでここまで変わる


MTBは、山岳部などの凸凹した路面を走るために考案された自転車ですが、好んで街乗り用の自転車にする人もいます。舗装された道を走るか山道や林道を走るか、用途によってタイヤを選んだ方が、タイヤも長持ちするし事故なども防げます。ここでは、マウンテンバイクのタイヤの種類や選び方などをご紹介していこうと思います。

マウンテンバイク用タイヤはおおまかに3種類

オンロードに適しているスリックタイヤ

表面がなめらかなタイヤのことをスリックタイヤといい、平らな舗装路でロードバイククロスバイクで使用されることが多いです。特徴は、転がり抵抗が小さいため、ペダルを漕ぐのが軽くなります。ブロックタイヤと比べると格段に漕ぎ出しがスムーズになり、舗装路での乗り心地が良くなりスピードは速くなります。デメリットは、太いタイヤに比べると空気圧管理がシビアなことと、チューブが薄いためパンクのリスクが高いことです。

オフロードに適しているブロックタイヤ

ブロックタイヤは表面にブロックと呼ばれる大きな突起が付いて、ゴツゴツしています。路面の状態が平らでないコースを走行するときに、このブロックが強いグリップを発揮するのでオフロードに向いています。しかし、この突起により転がり抵抗が増え、ペダルを漕ぐときの重さが増してしまいます。ブロックタイヤはマウンテンバイクによく似合いますが、街乗り用として使用する場合は、ロードバイクほどのスピードは出しづらいです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz