自転車のスポークが折れちゃった!そんな時はどうすればいいの?

自転車のスポークが折れちゃった!そんな時はどうすればいいの?


自転車のスポークが折れたという経験がありますでしょうか?車輪の強度やバランスを保つために大切なスポークは、万一折れてしまうとバランスを崩して事故につながったり、折れたままついている事で怪我の元となります。折れた時の修理方法、手順や修理費用など対応方法を紹介します。

自転車のスポークってどの部分のこと?

自転車のスポークとは何の事でしょうか?自転車の車輪の中央部からタイヤの根元までの間を、放射線状に伸びている金属製の部品がスポークです。ほとんどの場合、ここが折れたり抜けたりという事はありませんが、何らかの衝撃がくわわったり負荷がかかったりすると、破損する可能性はあります。タイヤを支え、バランスを保つための重要な役割をになっている箇所ですから、万一破損や変形を見つけた場合は早めの対応が無難です。

張り方が悪いと事故の可能性も!

スポークは放射線状に張られていて、見た目はとても複雑です。その複雑さでバランスと強度を保っているので、もしも張り方が悪ければ、自転車走行のバランスが悪くなったり、スポークの破損につながったり、結果的に自転車の事故につながる恐れがあります。万一ご自身で張り替える場合は、そういう事も踏まえて慎重に張り替える事をおすすめします。実際、スポークが抜けて怪我をしたという事例もありますので、注意が必要ですね。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年6月5日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz