自転車の交通ルールを間違えてませんか?ちゃんと知りたい規則まとめ

自転車の交通ルールを間違えてませんか?ちゃんと知りたい規則まとめ


街中で自転車に乗っている多くの人を見ると、自転車の交通ルールを正しく知らない人が多いように感じます。違反をしているつもりではないけれど、知らないうちにしてしまっている人も多いのではないでしょうか?正しい知識を付けて安全に乗りましょう。

自転車は歩道か車道のどちらが正しいの?

自転車を運転する時に歩道を走っている人と車道を走っている人の両方を見かけますが、交通ルール上ではどちらが正しいのかご存知でしょうか?実は車道を走るのが原則で、歩道を走るのは例外です。自転車は道路交通法では軽車両とカテゴライズされています。車両なのですから車道を走らなくてはなりません。しかしながら、日常で自転車の通行を見ると歩行者の間を縫うように自転車が歩道を走っています。原則車道と覚えておきましょう。

歩道を走っても良い例外はどんなとき?

自転車の通行は原則車道と道路交通法で決まっていますが、実は例外として歩道を走っても良いケースがあります。果たしてそれは一体どんなケースなのでしょうか?まず一つが13歳未満の子どもが自転車を乗る場合です。次に70歳以上の高齢者も歩道を走っても良いという例外が適用されます。また、身体の不自由な人も歩道を走っても良いというルールになっています。

それ以外の場合は原則として車道を走らなくてはなりませんが、例えば車道が工事中で歩道を走らざるを得ない場合や、車道が狭くて車の通行の妨げになる場合も歩道を走っても良いという例外が適用されます。原則を守って例外の時だけ歩道を活用しましょう。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "自転車の交通ルールを間違えてませんか?ちゃんと知りたい規則まとめ"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
とらじ

通りすがりです。飲酒や携帯、ライトなんかは一般的ですが、それ以外にあるのは初めてしりました。

wpDiscuz