自転車女子が教えるクロスバイクの始め方 ~続・服装編~

自転車女子が教えるクロスバイクの始め方 ~続・服装編~


こんにちは!前回に続き、今回はクロスバイクに乗るときの服装での経験談を紹介させていただこうと思います。前回はスカートでクロスバイクに乗るコツについてお話しをさせていただきましたが、今回はパンツで乗るときのポイントをいくつか紹介しますので、お付き合いください♪

クロスバイクではローライズに注意

Biking Amsterdam
これはクロスバイクに限った話しではないのかもしれませんが、普通の自転車に比べて前傾姿勢をとるクロスバイクでは、股上の浅さは特に注意が必要です。後姿は見えない為、自分では気が付かないものですが、周りからはバッチリ見えています。後で気が付いて赤っ恥なんてことにならない為にも、できるだけ股上の深いパンツを履くか、トップスの丈が長めなものを着ることをおすすめします。

パンツも白は注意

Women, White Pants
スカートの時と同じく、クロスバイクはチェーンが剥き出しなので、気が付かない間に油がつきやすいです。加えての後の濡れた道路や水たまりなど、意外に自分の足元に跳ねてしまっています。せっかく自転車に乗るなら、服装も清潔感を保っておしゃれを楽しみたいですよね♪

ショートパンツなら大丈夫?

Girls & Bikes
これも注意が必要です。なぜならちょっと急な坂は立ち漕ぎをすることもあるからです。ショートパンツを履いて前傾姿勢でクロスバイクを立ち漕ぎ。実際に後ろから見てるこちらが赤面しちゃうような光景に出くわしたことがあります。どうしてもショートパンツを履きたい時は絶対立ち漕ぎしない!というのも難しいと思うので、厚めのタイツを履く、あるいは長めのシャツやカーディガンで隠すのがいいかなと思います。ただし、長すぎるとチェーンやタイヤに絡まるのが怖いので気を付けてくださいね。

まとめ

Beautiful Bicycle: Lauren and Her Tokyo Fixed Dream Machine Cargo
いかがですか?言われてみるとそんなの当り前と思っても、パンツというだけで安心して見逃しがちなこと、やりがちなことをあげてみました。さぁ、服装も整えたし準備万端!と思っても、ちょっと待って!次回からは、バッグはどうするの?そして何を履いて乗ったらいいの?バッグや靴の選び方などをご紹介したいと思います♪

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2015年9月19日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。