やっぱり「白」が好き!ホワイトカラーのロードバイクを一挙にご紹介

やっぱり「白」が好き!ホワイトカラーのロードバイクを一挙にご紹介


皆さん好きな色はありますか?お気に入りのカラーの自転車があると少しテンションが上がります。自転車に乗るモチベーションもUPしますよね。自転車のパーツは黒やシルバーといったカラーが多いですが、フレームはさまざまなカラーリングがあります。今回は美しく見えるホワイトカラーのロードバイクを特集します。

白いロードバイクは魅力的

白いロードバイクにはどんなイメージがありますか?かっこ良いというよりは美しいという形容詞がぴったりな白。また、白は軽さをイメージできる色ですから、疾く走れそうな感じがします。さらにまだ何にも染まっていない色ということで、これからロードバイクを始めるぞという人、気持ちを新たに自転車に再挑戦という人にピッタリの色、かも知れません。

汚れが…。ホワイトのメリット・デメリット

白い自転車のデメリットとして真っ先に思い浮かぶのは、汚れがつくということでしょうか。黒のロードバイクでも汚れは付着しますが、白のロードバイクは汚れが目立ちます。これはフレームの性能にも影響しますので、こまめにメンテナンスしてあげるしかなさそうです。汚れ以外にデメリットは思い浮かばなそうですが、他にもあるんです。例えば、カーボンフレームの場合、ブラックカラーに比べて使う塗料の量が多くなり、全体的に100グラムほど重くなります。

メリットは、視認性が良いということです。昔は初心者のロードバイクにホワイトカラーがよく使われていました。それだけ安全性に優れるということです。とくに夜、ブラックのロードバイクに暗い色のウェアで車道を走ると、ライトを付け、反射板をつけていても、車からは相当見にくいものです。

白く美しい車体はこれだ。

どのメーカーもホワイトカラーのフレームを作っています。しかし、白が似合うブランドやフレームデザインがありますよね。数あるブランド、数あるフレームの中から白が似合う自転車を厳選しました。お気に入りの一台を見つけてくださいね。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年6月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません